HOME > ナローバンドUVBとは
pagetop

ナローバンドUVBとは

ナローバンドUVBの「UVB」とは紫外線の一種のことで、ナローバンドUVB治療というのは、最近注目されている治療法で、治療効果のある波長域(311~313nm)の紫外線を選択的に照射する治療のことです。

選択的に治療効果のある紫外線を照射するナローバンドUVBは、副作用が軽減され、かつ高い治療効果が得られます紫外線特有の発がん性や皮膚の老化促進、シミ、白内障などの副作用が懸念されていた従来のPUVA療法と比べるとナローバンドUVBは簡便で安全です。
ナローバンドUVBには「サンバーンを起こしにくい」、「強い色素沈着を残さない」、「治療後の行動制限がほぼない」といった利点があります。

主に、外用治療で反応の乏しい乾癬(かんせん)掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)アトピー性皮膚による痒疹結節(ようしんけっせつ)などに対してはナローバンドUVBがお勧めです。


ナローバンドUVBは全身に照射するのではなく、必要な部分のみに、さらに正常部は日焼けクリームを使ってから照射することで、より安全性を高めることができます。

 

ナローバンドUVB 5つのメリット

1) 治療効果のある波長域(311~313nm)の紫外線を選択的に照射することができます。

2) 副作用が少なく、治療後の行動制限もありません

3) 診察時間内はいつでもご予約いただけますので、待ち時間がほとんどありません

4) 外用薬と組み合わせることで、これまであまり効果がなかった難治性皮膚疾患にも効果が、期待できます

5) 保険が使えます。

 

乾癬のナローバンドUVBの治療例

治療前 治療後
 

 

ナローバンドUVB 光線治療料金

(1)乾癬(かんせん)、白斑(はくはん)、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、アトピー性皮膚炎は保険適応

①1割負担:350円(目安)
②3割負担:1050円(目安)

 

ナローバンドについて詳しくはこちら

ナローバンドUVB ナローバンドUVBとは ナローバンドUVB療法の流れ
ナローバンドQ&A

採用情報
採用情報
医師 看護師
スマホで診療!!当院では「遠隔診察 ポケットドクター」をご利用頂けます

※新座院のみ※

  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック