HOME > ナローバンドUVB療法の流れ
pagetop

ナローバンドUVB療法の流れ

(1)ナローバンドUVBを利用する前に行う診察

まずは、診断をしっかりして、ナローバンドUVBの適応かどうか慎重に判断します。  

臨床写真を記録のために撮り、ナローバンドUVBが効いてくることを確認します。

 

 

(2)ナローバンドUVBの照射

ナローバンドUVBを使用する前に、専用の眼鏡をかけていただき、照射部を露出していただきます。
ナローバンドUVBの照射ターゲットとなる部位以外は専用のシーツで覆います
ナローバンドUVBの照射時間は1回あたり1分~7分程度ですが、正面、背面、下肢など、広い範囲で照射する場合は、最大で4回に分けて照射しますので、その4倍時間がかかります。

費用は、4回に分けて照射しても変わりません


 

ナローバンドUVB 光線治療料金

(1)乾癬(かんせん)、白斑(はくはん)、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、アトピー性皮膚炎は保険適応

①1割負担:350円(目安)
②3割負担:1050円(目安)



ナローバンドについて詳しくはこちら

ナローバンドUVB ナローバンドUVBとは ナローバンドUVB療法の流れ
ナローバンドQ&A

採用情報
採用情報
医師 看護師
スマホで診療!!当院では「遠隔診察 ポケットドクター」をご利用頂けます

※新座院のみ※

  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック