HOME > ブログ > 未分類 > ニキビ痕について
pagetop

ニキビ痕について

こんにちは三鷹院です✨

今回はお悩みの多いニキビ痕についてです。

●にきび跡がクレーターになる理由

ニキビが治った後、そこがクレーターになってしまうのは、ニキビや吹き出物を潰してしまったことによる陥没や炎症によるダメージが肌表面だけではなく真皮層にまで及んでしまうことが原因の一つとしてあげられます。また、アレルギー体質の方はお肌が敏感な為クレーター状になりやすいのでケアに十分注意する必要があります。

また肌質は柔らかい人より硬くてゴワついているお肌の人の方が刺激を受けやすいです。

●治療法

クレーターは自分でケアをして治療するのはほとんど不可能に近いです。また自己判断するのも難しい為まずは皮膚科や形成外科など受診して治療していく必要があります。

軽いものであればピーリングで酸を用いて傷ついたお肌の表面を削る治療があります。

また、フラクショナルレーザーや最近人気のあるダーマペンもオススメです♫

ダーマペンとは、高速ピストン運動によって極細の針を皮膚に刺して意図的に穴をあけ、その傷を治す為に放出される成長因子(細胞増殖因子)によって肌の入れ替えやコラーゲン増やす治療法です。単なるコラーゲン増生を促す高周波治療などのエイジングケア治療と違って、ダーマペンでは新しい皮膚との入れ替えも促すため、ニキビ痕の凹みをもたらす瘢痕組織を凹凸のないフラットな肌へと導き、それを維持します。また、コラーゲン増生も活発に促進することから、しわや小じわなどの肌老化にも有効です。

当院でもダーマペンの施術行っておりますのでお悩みの方はお気軽にご相談くださいませ✨

理事長ブログ | 未分類 スタッフ日記 | comments(0) | trackbaks(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://mitakahifu.com/%e3%83%8b%e3%82%ad%e3%83%93%e7%97%95%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/trackback/

コメント

コメントはまだありません
名前:(必須)
メールアドレス:
URL:
コメント:

採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック