HOME > 妊娠に伴う皮膚疾患
pagetop

妊娠に伴う皮膚疾患


妊娠性痒疹

妊娠初期(3〜4ヶ月)に生じる痒みの強い丘疹が手足、体にできる疾患です。

治療

ステロイド外用
抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬の内服
予後はよく、出産後速やかに症状は消退します。
お子様には影響はないとされています。

PUPPP

妊娠後期3ヶ月後に発症する事の多い皮膚疾患で、主に腹部に、浮腫性の丘疹が出現し、徐々に癒合していきます。

治療

ステロイド外用
抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬の内服
予後はよく、出産後速やかに症状は消退します。
お子様には影響はないとされています。


妊娠性疱疹

妊娠3〜4ヶ月以後に始まり、慢性に経過し分娩後に治癒します。発熱、頭痛、全身倦怠感などの前駆症状があり、その後、体、手足に水疱を伴う環状(ドーナツ状)の皮疹を形成します。強い痒みを伴います。

治療

ステロイド外用
ステロイド内服

採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック