HOME > ブログ > 未分類 > 美容治療は可愛くならないと意味がない
pagetop

美容治療は可愛くならないと意味がない

美容治療をつけていると、つい、シミ、シワやたるみを「治す」ことばかりに夢中になり、全体のバランスを忘れてしまうことがあります。

例えば、シミ治療の場合、もうほとんどご自身しかわからないくらいに薄くなってもまだまだ治療を行いたい、とおっしゃる患者様もおられます。
シワ治療でボトックスを打ちすぎて、表情が能面のようになってしまっては、綺麗とは言えないように思われます。

最近特に問題と感じるが、たるみ治療です。ヒアルロン酸によるリフトアップが全世界的にはやっていますが、未だに頬骨の上にヒアルロン酸を大量に打ち込み、たるみが治った!と喜んでいる医師、患者様がおられます。

頬骨上に大量にヒアルロン酸を打ち込むのは欧米のセレブの間で、5年ほど前に結構流行って、ゴシップのネタになっていたことをご存知の方は多いかもしれません。レッドカーペットに登場する前に美容クリニックでヒアルロン酸を大量に打ち込み、若返りをして、取材陣、ファンの前に現れる、というものですが、概して評判が悪く、ひどい場合は笑いものになっていたりしました。ヒアルロン酸を入れたな、とバレバレでは美しいも何もありません。ヒアルロン酸ガオと揶揄されたこともあります。

そのような反省もあって、欧米でも頬骨上に大量にヒアルロン酸を打ち込む、というのが自重傾向にあり、なるべくその他の部位にヒアルロン酸を注射して、リフトアップを図る、という大きな流れがあります。

それに反して、なぜか日本で、頬骨上に大量にヒアルロン酸を打ち込む、という流れが1、2年前から再燃しています。我々、アジア人は注入しなくとも頬骨が突出しており、そこにさらにヒアルロン酸を注射するというのは「禁忌に近い」と考えており、たるみが良くなっても「かわいい」と感じるかどうかはかなり疑問に残ります。「とりあえず頬骨上に注入」というのは誤りであると申し上げたいと思います。

頬からアゴにかけては卵状に柔らかい局面を描くが美しい、かわいいと感じるラインです。

当院では、頬骨上の注入に頼ることなく、「基礎かわいい」を作っていけるように意識した注入を行っています。

理事長ブログ | 未分類 ヒアルロン酸 たるみ | comments(0) | trackbaks(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://mitakahifu.com/%e7%be%8e%e5%ae%b9%e6%b2%bb%e7%99%82%e3%81%af%e5%8f%af%e6%84%9b%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a8%e6%84%8f%e5%91%b3%e3%81%8c%e3%81%aa%e3%81%84/trackback/

コメント

コメントはまだありません
名前:(必須)
メールアドレス:
URL:
コメント:

採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック