HOME > ブログ > 酒さ > 酒さの患者様が増えているようです。
pagetop

酒さの患者様が増えているようです。

お顔(ときに首まで)に赤み、火照り、ぴりぴり、ニキビ様発疹といった症状を引き起こす酒さという疾患が増えてきているようです。
皮膚科医の集まりでも、「なぜか酒さの患者さんが増えている」と耳にする事が多くなりました。
原因についてははっきりしませんが、酒さという疾患が認知されてきているのが大きいようです。

酒さはすぐには治らない病気で、大いに悩んでいる方が多く、当院でも遠くは盛岡などから受診される方もおられました。ある種の抗生剤の内服やタクロリムス外用で改善が見込めますが、それでも改善が十分でない場合は、色素レーザーや当院で導入しているフォト治療(アイコン)などでさらに改善させる事が可能です。

治療はそれほど難しくはないのですが、なかなか診断にたどり着かない、という問題点があるようです。
脂漏性皮膚炎、化粧品かぶれ、アトピー性皮膚炎、ニキビ、光線過敏症などと間違えやすいといわれています。

理事長ブログ | 酒さ | comments(2) | trackbaks(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://mitakahifu.com/%e9%85%92%e3%81%95%e3%81%ae%e6%82%a3%e8%80%85%e6%a7%98%e3%81%8c%e5%a2%97%e3%81%88%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%a7%e3%81%99%e3%80%82/trackback/

コメント

初めまして。現在26歳の女性です。10年ほど前から顔に赤みがあり、先日皮膚科で酒さと診断されたのですが、ロコイドを処方されました。ステロイドなので少し不安があり、根本的に治療する方法はないかと考えていました。先生は近畿地方でICONを導入されている医院をご存じではないでしょうか。様々調べてみたのですが自分では見つけることが出来ず、こちらに書き込みさせていただきました。何回か治療を受けることを考えるとやはり近畿で手術を受けるのが現実的かと思っています。お返事いただけると幸いです。


naka | 2014年06月01日 18:33

nakaさま
コメント誠にありがとうございます。花房 火月です。経過から酒さの可能性はあると思います。まずは診断をきちんと付ける事が肝心かと思いますので、酒さについて詳しい病院をあたる事をお勧めしたいと思います。
酒さの治療はICONでなければならないという訳ではなく、スターラックス500というフォトの機械でもいいですし、Vbeamという色素レーザーでもいいと思います。
まずは酒さに詳しい医師を捜してみてはいかがでしょうか?
また分からない事がありましたらお問い合わせくださいませ。


花房 火月 | 2014年06月02日 06:43
名前:(必須)
メールアドレス:
URL:
コメント:

採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック