HOME > ブログ > 未分類 > レーザー脱毛の低年齢化について
pagetop

レーザー脱毛の低年齢化について

医療レーザー脱毛を何歳から受けられるのか?というご質問を多くいただきます。これに関しては、以前は「毛の成長が落ち着く二次性徴以降ですかね」とお答えすることが多かったです。すなわち16−18歳くらいからスタートすることが多かったのですが、現在、レーザー脱毛の低年齢化が起こり、そうも言っていられない状況となっています。

これまで、なぜ二次性徴が終わってからレーザー脱毛を受けたほうがいい、と言われていたかというと、体毛は二次性徴時に発達し、濃くなっていくからです。それ以降にレーザー脱毛を行ったほうが効率がいいのは事実です。

しかし、現状では中学生ぐらいで、すでに「ムダ毛が多くていじめられる」とか、「ムダ毛が多くて体育に出たくない」などの悩みがあり、「まあ中学生くらいでも治療しましょうか」という感じになったのですが、さらに低年齢化し、「小学生でも治療ができるか?」というお問い合わせも増えています。

低年齢でも治療を受けられない、というわけではありません。ただ、毛根が発達しきっていないので、レーザーの反応が不十分になる可能性がある。と言えるでしょう。

あと、現在のレーザー脱毛は痛みかなり軽減さあれているとはいえ、やはり多少は痛いですので、それを我慢できないお子様には向かないでしょう。また、真っ黒に日焼けしてるお子様もレーザー脱毛は困難です。

逆にそれらの点をクリアできれば、お子様がどうしてもレーザー脱毛をやりたいというのであれば、やってもいいのではないか、と考えています。

 

 

レーザー脱毛について詳しく知りたい方は<a href=”http://mitakabiyou.com/hair-loss-menu/”>こちら</a>をご参照くださいませ。

理事長ブログ | 未分類 レーザー脱毛 | comments(0) | trackbaks(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://mitakahifu.com/blog09/trackback/

コメント

コメントはまだありません
名前:(必須)
メールアドレス:
URL:
コメント:

採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック