HOME > 症例 > 酒さ(赤ら顔)の治療
pagetop

症例一覧

カテゴリー一覧

酒さ(赤ら顔)の治療

酒さ(赤ら顔)は最近、認識が広がり患者様も急増している疾患の一つです.

単に顔が赤くなるというだけでなく、ぴりぴりした痛みや、不快な火照り感、などを伴う事もあります.症状が進行するとニキビに似たぶつぶつができたり、鼻が変形する事もあります。

酒さは放置していい疾患ではなく、必ず治療を行わなければ行けません。

フォト治療6回でかなり症状が改善した患者様の写真です.

青森、新潟等の遠くからも患者様は来られています.酒さでお困りの方は是非当院にご相談ください。


フォト治療による酒さの治療2

酒さ第2期の患者様です.
フォト治療6回で大いに改善されています.

フォト治療による酒さの治療

酒さ第2期の患者様です.
フォト治療6回で大いに改善されています.

難治性のニキビのフォト治療

ニキビに対して抗生剤、つけ薬などあらゆる治療を行っても改善がなかった方ですが、フォト治療3回で顕著に改善しています。

酒さのフォト治療2

酒さ第2期のフォト治療を2回行った患者様です。赤み、ざ瘡様発疹はかなり改善しています。

1 / 212
採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック