HOME > ブログ > クリニック情報 > American academy of dermatology2017の最終報告
pagetop

American academy of dermatology2017の最終報告

世界最大の皮膚科学会に参加してまいりました。話題のトピックをまとめておきたいと思います。ただし、巨大な学会なので、あくまで一部を垣間見たにすぎません。

 

■保険診療

●アトピー性皮膚炎:最大のホットトピックはアトピー性皮膚炎の新薬に関することでしょうか?一気に10個以上の新薬が治験中です。数年後には、アトピー治療はガラッと変わるかもしれません。飲み薬、つけ薬、注射、いずれも治験中です。

●手術:フラップの話やどうやって傷をきれいに仕上げるかという話がありました。爪に関する手術の講演が多く、関心を集めているのだなあ、と感じました。

●ダーモスコピー:ダーモスコピーとは小さなハンディータイプの顕微鏡で、皮膚の表面を観察するのに使用します。例えば、良性のほくろと悪性の腫瘍を区別する際に用います。アメリカの皮膚科医のダーモスコピーによる診断能力は極めて高く、よく研究されています。我々日本人医師もキャッチアップできるように多いに努力が必要と感じました。
クイズ形式の講義に出席しましたが、なかなかアメリカ人医師には力及ばすという感じがしました。


■美容皮膚科
●レーザー、フォト治療関係の講義が少ないです。もうシミやリジュビネーションは解決した、ということでしょうか??

●ピーリングの講義もほとんどありません。

●流行りの幹細胞入りのコスメとか、新成分が入ったコスメとかは、「ただの保湿剤」と切り捨てられておりました。さすが本場の皮膚科医はスポンダーに媚びるようなことはありません。

●ポトックスの講義は結構多く、眉間、目尻、額、咬筋といった定番のところから、眉外側、頬に注射するテクニックとかは、結構よく見かけました。

●フィラー
フィラーが間違いなく美容皮膚科領域で最も話題を集めておりました。フィラーとはヒアルロン酸注射に代表されるような補填物で、シワやたるみの治療に用いられます。脂肪注入やハイドロキシアパタイト、古くはシリコンなどが使われていました。これらの治療法は副作用がため、現在はほとんどヒアルロン酸です。
テクニックに関しては日本以上に多彩で、大いに勉強になりました。アジア人向けの注入方法も考案され、非常に勉強になります。
日本で施術されているテクニックというのはあくまで、ごく一部に過ぎず、さらなるヒアルロン酸注射の可能性を感じることがきました。


患者様にまずまず貢献できることを大いに楽しみにしております。引き続き宜しくお願い申し上げます。

 

American Academy of Dermatology Annual meeting2017 の中間報告!

アメリカで最大の皮膚科学会に参加しています。

今の所印象に残ったのは、

・アトピーの新薬が一気に10種類以上、治験になっていてかなり見込みが良さそうだ。すなわち、近い将来、新薬として患者様に使用することが可能になりそう。ここ7年ほど乾癬の薬は新薬ラッシュでしたが、それと同じか、それ以上の勢いを感じます。数年後にはアトピー治療は大きく塗り変わっている可能性があります。

・メラノーマなどの皮膚悪性腫瘍の診断がAIによるものに変わるかもしれない。皮膚悪性腫瘍の診断は膨大なパターンを記憶し、ミスなく当てはめていかなければいけませんが、そのパターンは増える一方、診断アルゴリズムは複雑になる一方です。確かにこの手の仕事はAIがやったほうが確実かもしれません。

・ヒアルロン酸などのフィラーが非常に注目されていて、注入方法が、数年前とは全く異なってきている。日本でもMDコードやVシェイプが浸透していますが、本場米国ではさらに一歩進んだ注入方法が脚光を浴びています。法令線に線状に注射するだけ、というのは遥かに昔の話になっています。日本でもすぐに取り入れたいと思います。

その他、手術の細かいテクニックなどかなり勉強になります。また続きは後ほど報告いたします。

アトピー性皮膚炎は治る病気です。

アトピー性皮膚炎は治らない、対処療法しかない、という誤解が多いのですが、そんなことはなく、きちんと治療すれば治りますし、少なくとも、良い状態を長期間維持することは可能です。

アトピー性皮膚炎は
・皮膚の脆弱性(皮膚がデリケートである、乾燥しやすいこと)
・アレルギーになりやすい体質
・皮膚がかゆくなりやすい体質
が複雑に絡み合って発症します。アトピー性皮膚炎の(今わかっている範囲ですら)全容を知ることは困難で、非常に複雑な病気、と言えます。そのため、いろいろな誤解を生みやすい病気で、多くの誤解を生んでいるといえるでしょう。

ある人は皮膚の脆弱性がメインですし、ある人はアレルギーになりやすい体質がメイン、ある人は皮膚がかゆくなりやすい体質がメインだったりします。そのため、治療も一本道とはいかず、ある程度、紆余曲折があることが普通です。

治療法は
・ステロイド外用薬
・保湿剤
・タクロリムス軟膏(プロトピック軟膏)
・抗アレルギー薬の内服
・免疫抑制剤(シクロスポリン)の内服
・光線療法
がメインとなります。
症状に合わせて、治療法を組み合わせ、さらに変更していくことが必要となります。
同じステロイドの外用薬を使うにしても毎日使うのか、週に2回使うのかで大きく意味が異なってきます。

特に大きく誤解されているのがステロイド外用薬で、対症療法にすぎない、使いすぎると皮膚がボロボロになるなどの噂があります。これらの噂は、ある面では事実である点が厄介で、確かにステロイド外用薬はいい加減に使うと、対症療法すぎず、下手な使い方をすると、皮膚を弱めてしまい、さらにダメージをおわせることもあります。

しかし、適切に使えば、強力な味方になってくれる薬で、中等度以上のアトピー性皮膚炎においてはステロイド外用薬の一時的な使用は必須と言っていいと思われます。少なくともステロイド外用薬を使わない場合は、治療が遠回りになるかと思います。

いずれにしろ、アトピー性皮膚炎は放置していい病気でも、よくならない病気でもなく、きちんと治療し、良い状態をキープするべき病気です。良い状態を長くキープできれば完治に近づくこともわかっています。

アトピー性皮膚炎でお困りの方は是非当院にご相談くださいませ。

IMG_3206

理事長ブログ | 未分類 アトピー性皮膚炎 かゆみ | comments(0) | trackbaks(0)

お忙しい方に朗報!

お忙しい方に朗報です!

これまで、はなふさ皮膚科では一般保険診療のご予約は承っていなかったのですが、【久我山はなふさ皮膚科限定】で、一般保険診療のご予約を承ることとなりました

通常、どこの皮膚科も混んでいますので軽い症状でも、長時間待たなければいけないことが多いのですが、これからは待ち時間が少なく快適に受診していただくことが可能となります!
小さなお子様をお持ちの方、お忙しいビジネスマンの方も受診しやすくなるのではないでしょうか?


アトピー性皮膚炎、ニキビ、白癬、かゆみ、湿疹、とびひ、乾癬、やけど、尋常性疣贅(ウイルス性イボ)といった一般皮膚科でももちろん、ご予約は可能です。

例えば、アトピー性皮膚炎や尋常性疣贅(ウイルス性イボ)のように定期的に通院が必要な方も、予約のシステムがあれば規則正しい通院をしやすくなりますね。ぜひご活用ください。

花房理事長も木曜日(午前・午後)、、金曜日(午前・午後)と久我山院にて勤務させていただいており、他のはなふさ皮膚科と同じ治療を受けていただくことが可能です。

久我山はなふさ皮膚科は京王井の頭線久我山駅から歩いて1分のところにあります。
詳しくはこちらをご参照くださいませ。

03-5336-0770 までお気軽にご相談くださいませ。

メディア出演情報

こんにちは。

週末にかけてグッと冷え込むそうですが、皆様体調崩されないようになさってくださいね。

 

当院の理事長、花房火月医師のメディア出演情報をお知らせします。

 

本日1月12日(木)

テレビ朝日とネットの融合で大変話題になっております、

AbemaTVの番組『Avema Prime』に22時頃生出演致します!

ネット環境のある方はぜひご覧ください。https://abema.tv/

アトピー性皮膚炎についてお話いたしますので乞うご期待!

 

そして翌朝1月13日(金)

テレビ朝日『グッド!モーニング』にて花房火月医師の撮影協力のもと寒冷蕁麻疹について解説致します。

こちらは出演は致しません。

 

またメディア出演の情報がありましたら随時お知らせいたしますので

ぜひご覧くださいませ。

 

 

 

理事長ブログ | 未分類 お知らせ アトピー性皮膚炎 | comments(0) | trackbaks(0)
採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック