HOME > ブログ > 診療 > プラセンタの効果2
pagetop

プラセンタの効果2

プラセンタの効果について、皮膚科領域で探せる限り論文を調べましたので、ご報告しておきます。

①シワに対して、内服のプラセンタが、一応、比較試験で効果があったとの報告があります。ただし2重盲検試験ではありません

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24313619

②プラセンタエキスが、メラノーマ細胞のメラニン産生や、酸化ストレスから守ったというデータです。どうして正常のメラノサイトで実験しなかったのか?など不明な点が多いデータです。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25435062

③プラセンタエキスが人の線維芽細胞(コラーゲンやエラスチンを作る細胞です)を活性化させた、とういうデータです。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18528587

④毛のないマウスの皮膚をプラセンタエキスや内服コラーゲンが、紫外線から守ったというデータです。シワの形成や、ゴワゴワになるのを抑えたとのことです。ヒトでも同じ結果になるのか気になります。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4662365/

その他、マウスの傷の治りを早めるといったようなデータも幾つかありました。

 

実際に人で実験したのものは①だけなんですよね。

①はオープン試験といって、患者様自身が、偽薬を飲んでいるか、プラセンタを飲んでいるかわかるので、プラセボ効果を否定できないので、十分な実験結果とは言えません。

 

今後に期待したいと思います。

理事長ブログ | 診療 プラセンタ | comments(0) | trackbaks(0)

プラセンタの効果について1

プラセンタはいろいろ話題になっている薬ですが、その効能、効果についてはブラックボックスになっている点が多いと思いますので、少しまとめておきたいと思います。

まず、保険適応を有し、厚労省の認可が下りているものに以下のようなものがあります。いずれも注射薬です。

・メルスモン

・ラエンネック

いずれも感染のない健康なヒト胎盤を原料とし、多種アミノ酸を含有しています。

メルスモンは更年期障害、乳汁分泌不全、ラエンネックは慢性肝疾患における肝機能の改善に保険適応を有しています。

いずれも、二重盲検試験をクリアしているので、効果は期待して良さそうです。

メルスモンの添付文書を見ると以下のようなものが書かれています。

1. 組織呼吸促進作用 (*4)
ラット肝臓の組織呼吸に及ぼすメルスモンの作用をワールブルグ法にて測定の結果、メルスモンは生理食塩液の約5.7倍の呼吸促進作用を認めた。

2. 創傷治療促進作用 (*5)
ラットを用いた実験的火傷において、メルスモンは対照に比較し創傷治癒促進作用を示した。

3. 抗疲労作用 (*6)
マウスによる水中遊泳疲労試験において、メルスモンは抗疲労性を認めた。

1.肝機能の改善(これはラエンネックでは証明されています)、2.傷の治りが早くなる、3.疲労回復

がラットやマウスで見られたとのことです。ラットやマウスでそうなのだから、人でもそうだろう、と考えたくなりますが、それほどシンプルではなく、動物ではうまくいったが、ヒトではうまくいかなかったということはよくありますので、注意が必要です。

 

理事長ブログ | 未分類 クリニック情報 プラセンタ | comments(0) | trackbaks(0)
採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック