HOME > ブログ > ヒアルロン酸 > AAD(アメリカ皮膚科学会)2018に参加してきました!
pagetop

AAD(アメリカ皮膚科学会)2018に参加してきました!

サンディエゴで2018年2月16日-20日まで行われたAAD(American Academy of Dermatology)2018に参加してきました。AADというのは世界最大の皮膚科学会です。


サンディエゴは暖かいカリフォルニア州でも特に南部の暖かいところで、日本の6月ごろの気温であったと思われます。



皮膚科学会と言っても一般皮膚科から美容皮膚科、皮膚外科まで概ね網羅的な内容です。

特に美容皮膚科に関しては、チケットを購入しないと聞くことができないシステムになっております。これらは日本人の参加者は一人もいませんので、ここで学ぶと最新の治療法を知ることができると言っても過言ではないでしょう。

・Live demonstration:Soft Tissue Augmentation and Neuromodulators-Simultaneous Cadaver Prosection and Live Patient Injections. 軟部組織のボリュームアップと神経調整(生体と死体を使ったライブ注射セミナー)

・Live demonstration:The State of the Art of Aesthetic Dermatology 最新の美容皮膚科学

・Botulinum Toxin: Video Instruction and Live Panel Discussion  ボトックス ビデオ講習とパネルディスカッション

などにを拝聴してまいりました。

特に・Live demonstration:Soft Tissue Augmentation and Neuromodulators-Simultaneous Cadaver Prosection and Live Patient Injections. 軟部組織のボリュームアップと神経調整(生体と死体を使ったライブ注射セミナー)というのは毎回、AADで目玉となるセミナーで、右でご遺体を解剖しながら左で患者様にヒアルロン酸やボトックスを注射していく、というものです。まず日本では実現不可能かと思われますが、解剖を理解しながらの注入は非常に興味深く、毎回勉強になります。


ヒアルロン酸に関しては、くどいようですが、日本で盛んに行なわれている頬骨上への過剰注入というのは時代遅れで、より自然な注入が求められるようになっています。

ボトックスに関しては、額、眉間、目尻など顔の上半分への注射はさすがにやりつくした感があり、顔の下半分から頸部に抱えてのボトックス注射がメインでした。

例えば、口角下制筋や広頚筋をブロックすることで口囲やフェイスラインのたるみを改善させる、というのアプローチが盛んになされており、かなりの効果を得られていますので、今後、日本でも広がっていくことが予想されます。

ボトックスに関してもう一つ特徴的なのは、注入量を抑えて、より少なく、より浅く注入する、といういわゆるマイクロボトックスのアプローチが見なおされているという点も見逃せないポイントかと思います。

 

保険診療に関しては、酒さ、ニキビ、化膿性汗腺炎、アトピー性皮膚炎などを中心に聴いてまいりましたが、それぞれ分子生物学的な機序の解明が進み、生物学的製剤を始めたとした新薬の開発、適応が進んでいることを強く実感することができました。


 

 

 

今回得た知見を今後の診療に生かしていきたいと思います。

理事長ブログ | ヒアルロン酸 ボトックス | comments(0) | trackbaks(0)

【志木】好評につき!ボトックスモニター再募集です!【2月末まで】

こんにちは、志木院スタッフです
ボトックスモニター様を再び募集いたします。

前回のモニター様たちにもご好評いただいており、シワ治療、小顔治療など、とても満足度の高い治療です。

そんなボトックスをお得に治療を受けられるモニターキャンペーンのご案内です!

モニター様はボトックスビスタを通常価格から20%OFFにて施術可能です!

 

例えば・・・

目尻のシワ治療

通常25.600円 → 20.480円 !!!

もちろん他の部位も対象です
 


 

 

 

 

 

 

 

気になるシワやフェイスライン、まずはお気軽にご相談、お問い合わせくださいませ
 

※モニター様には写真撮影にご協力いただいております。

(目元には黒い線が入ります。お名前が公表されることはありません)

 

 

お肌の悩みは【志木はなふさ皮膚科】へ
お問い合わせはこちらから048−424−3726

【志木】ボトックスモニターも募集です!【12月末まで】

またまた、志木院スタッフです
もう一つ!

お得に治療を受けられるモニターキャンペーンのご案内です!

モニター様はボトックスビスタを通常価格から20%OFFにて施術可能です!

 

例えば・・・

目尻のシワ治療

通常25.600円 → 20.480円 !!!

もちろん他の部位も対象ですよ
 


 

 

 

 

 

 

 

年末年始で何かと入り用なこのシーズン、お得にキレイになっちゃいませんか

 

 

気になるシワやフェイスライン、まずはお気軽にご相談、お問い合わせくださいませ
 

※モニター様には写真撮影と簡単なアンケートにご協力いただいております。

(目元には黒い線が入ります。お名前が公表されることはありません)

 

 

お肌の悩みは【志木はなふさ皮膚科】へ
お問い合わせはこちらから048−424−3726

ヒアルロン酸およびボトックスのモニターキャンペーンを行っております!

いつも大変お世話になりありがとうございます。
はなふさ皮膚科です。

2017年11月27日〜年末まで、今年最後のモニターキャンペーンを行っています。

ヒアルロン酸とボトックスのモニターさまを募集させていただいています。
モニターキャンペーンというのは、施術前と施術後のお写真を頂き、ホームページ等で利用させていただく、というものです。
もちろん、目には黒い線を入れされていただくので、誰か分かることはまずありません。

それぞれ先着10名様までとなります。


■ヒアルロン酸モニターキャンペン
ヒアルロン酸2本2mlを85,000円→70,000円(ただしボリューマは除く、カニューレ使用の方は別途8000円)

■ボトックスモニターキャンペン
全施術20%オフ(例えば、眉間や目尻は25,600円→20,480円、額は37,500円→30,000円、小顔ボトックス50,000円→40,000円)
と非常にお得なキャンペーンです。

全院で行っており毎年大人気のキャンペーンですので、ご興味のある方は早めにお問い合わせくださいませ。
何卒宜しくお願い申し上げます。

ケロイドに対するボトックス治療が注目されています。

ボトックスは、シワ治療や咬筋(エラ)の治療、脇汗の治療に使われていますが、米国だとすでにその他の皮膚科疾患にも応用されています。

現在、私が注目しているのが、ボトックスによるケロイド治療です。

現在、ケロイド治療というと、ステロイドの局注(病変に直接注射すること)が治療の中心ですが、ボトックスによる注射が高い効果を得られることがわかり、大きな注目を集めています。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25810045

論文を要約すると、ボトックスとステロイドを比べても、ケロイドのボリュームの減少は同等(かやや上)で、かゆみ、痛み、敏感さなどの不快な感覚の改善に関しては、ボトックスが勝っています。

ただし、病変は柔らかくする効果は、ステロイドの方が優っています。

 

さらに、副作用に関しては、ボトックスの方が圧倒的に少なく、ステロイドだと避けられない皮膚萎縮や血管拡張がボトックスにはありません。

さらに注目する点は、ステロイドの注射が4週に1回、合計6回治療しているのに対し、ボトックスは8週に1回、合計3回の治療で比較している、という点です。すなわちボトックスの方が通院頻度が半分で済むということになります。

 

すなわちボトックス注射は、効果に関してはステロイドと同等か、それ以上、副作用は少なく、治療頻度はステロイドの半分、ということになります。

問題は、費用だけでしょう。ステロイド注射は保険適応ですが、ボトックスは自費治療になります。当院でも近々、ケロイドに対するボトックス治療を始めようと思います。

ご期待くださいませ。

理事長ブログ | 未分類 ケロイド ボトックス | comments(0) | trackbaks(0)
採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック