HOME > ブログ > 基礎化粧品 > 乾燥によるお肌のかさつきに・・・セラミドミルク✨
pagetop

乾燥によるお肌のかさつきに・・・セラミドミルク✨

こんにちは(o^^o)

今夜から週末にかけて今シーズン一番の寒波が到来するそうです(´Д` )

全国的にインフルエンザが流行中とのことですので十分お気をつけくださいませ。

一番の予防として帰宅した際、うがい手洗いは必ず行うようにしましょう(*^_^*)

 

乾燥してお肌がかさつきやすく、お化粧ノリが悪い…ファンデーションが浮いてしまう…

とお悩みの方、冬の時期は特に多いのではないでしょうか?

 

当院で販売している『セラミドミルク』は保水力、保湿力がとても優れています(*^o^*)

高保湿のため様々なお肌のトラブル解消が期待でき、紫外線や異物などが肌内部に侵入するのを防ぐ効果もあります。

皮膚科の医師がお勧めする乳液で、人間が本来持っている成分からできているため、敏感肌やアトピー性皮膚炎の方でも使用できます♪

セラミドミルク100ml 3500円で好評販売中です\(^o^)/

 

セラミドは内側から増やすことも可能です✨

食品にも含まれていて、米、麦、こんにゃく、大豆、牛乳に含まれます

特に多いのがこんにゃくで、麦よりも7〜15倍ほど多いと言われています。

日常生活で増やすのに一番重要なことは睡眠です!

睡眠は美肌を保つために必要不可欠と言えますね。。。(*^_^*)

 

スキンケア重要なことは、たくさん洗顔をしたりゴシゴシ洗ってしまうと、せっかくのセラミド失われてしまいます。

よく泡立てた石けんで優しく洗うようにしましょう(*^_^*)

化粧水、乳液をつける時もこすったりたたいたりするのは逆効果です!!!

優しくなでるように塗布してください(*^o^*)

正しいスキンケアで乾燥にも負けない美肌を手に入れましょう♪

 

久我山はなふさ皮膚科

 

 

 

理事長ブログ | 基礎化粧品 | comments(0) | trackbaks(0)

医療用制汗剤 パースピレックス

こんにちは〜(o^^o)

今朝は一段と冷え込みましたが体調お変わりないでしょうか?

 

本日は医療用制汗剤 『パースピレックス』のご紹介を致します♪

冬は夏よりも汗をかきにくい時期ではありますが、防寒対策をしたまま暖かい電車に乗ったり、デパートに入ったりと体温調節が難しくなりますよね。。。´д` ;

パースピレックスは国際的に認められている制汗剤です。

使用ごとに65%の発汗抑制が72時間以上持続することが実証されています。

※市販の制汗剤では同様の抑制効果は得られず、効果は数時間から24時間です。

 

〜使用方法〜

汗腺の活動は夜間に低下するため、就寝前に脇下に2往復塗布します。

望まれる効果が得られるまで毎晩使用してください。(通常1週間以内)

敏感肌の場合は1日置きに2週間塗布します。

その後は週1、2回または必要に応じて塗布することで汗とニオイのコントロールをします。

よく乾いた傷のない皮膚に使用してください。

使用後の翌朝、石鹸と水で洗い流します。塗り直しはしないようご注意ください。

 

市販の制汗剤は最大でも24時間の効果ですが、パースピレックスは週に1、2度の塗布で効果があります!!!( ´ ▽ ` )ノ

 

購入ご希望の方はご相談くださいませ(o^^o)

 

久我山はなふさ皮膚科

 

理事長ブログ | 基礎化粧品 | comments(0) | trackbaks(0)

抜群の保湿力✨セラミドミルク

おはようございます(*^_^*)

いよいよ今年も残り1か月!!
思い返せば一年あっとゆう間でした。。。

本日は当院でも大好評で販売中の✨セラミドミルク✨についてご紹介いたします♪

セラミドとは…
表皮の一番上の層、角質層に存在していて、細胞と細胞を埋める細胞間脂質のひとつで、
細胞間脂質の約50パーセントを占める重要な成分です。

スポンジのように水分や油分を溜め込むので保湿効果が抜群です!!!
細胞間を隙間なく埋めることで外部からの刺激や水分の蒸発からお肌を守るバリア機能があります✨

肌中のセラミドは20歳を過ぎると徐々に減り始めます。
加齢、気候、環境の変化により減少することで肌の保湿力が低下しシワやたるみの原因になります。

セラミドは高い保湿力を持つのが特徴で、人が生まれた時からお肌の角質層に含まれる成分なので
敏感肌、アトピー性皮膚炎などのあらゆる刺激に過敏になっている肌にもすんなり受け入れられます♪

当医院販売中のセラミドミルクははなふさ皮膚科オリジナルの乳液です(#^.^#)
保湿効果が高いとご好評のお声を頂いております✨

100ml 3500円で大好評販売中ですので是非お試しくださいませ〜(^-^)/


久我山はなふさ皮膚科


理事長ブログ | 基礎化粧品 | comments(0) | trackbaks(0)

ローションについて

image
こんにちは♪三鷹院のスタッフです。

秋になり、お肌のコンディションが気になる季節ではないでしょうか?
お肌の質を良くするのも悪くするのもあなた次第です‼お肌の質を向上するには日々のケアがとても大事です‼
そこで当院オススメの商品をご紹介致します♪
【vcローション】
※10%の高濃度ビタミンC、ヒアルロン酸、セラミド入り
※シミ、美白、ニキビでお悩みの方にオススメ♪
※柑橘系でさわやかな香り
※しっとり保湿効果バツグン!
※50ml 3000円(税抜き)
【ナチュラルローション】
※セラミド、ヒアルロン酸入り
※保湿力バツグン!!
※のびが良いので少しの量で首もとまで使用できます
※コットンパックとしても利用できます
※200ml 3000円(税抜き)

またどちらもコットンでつけると摩擦によってお肌を傷つけてしまう可能性がある為、コットンパックで使用以外は優しく手でつけていただくことをオススメしております。
ご興味のある方はぜひ当院スタッフにお申し付け下さい♪

理事長ブログ | 未分類 基礎化粧品 | comments(0) | trackbaks(0)

基材による刺激性の違いに付いて

化粧品や医薬品の外用薬には様々な種類がありますが、ベースになっている基材に注目して分類すると油分をどれだけ含むかで
軟膏、コールドクリーム(w/o)、バニシングクリーム(o/w)、乳液、ソリューション(水溶液)などに分類されます。これらのいずれにも分類されない高分子ポリマーによるゲル基材のものなどもあります。

油分を多く含むほどベタベタして装用感が悪くなり、洗い落としにくく、時に伸びが悪いように感じることもあるかもしれません。しかし、油分が多いほど皮膚に対する刺激は少なく、皮膚が荒れているときにも安全に使用することが出来ます。
逆に、水分が多いほど、装用感は良くなり、容易に洗い流せるようになりますが、皮膚に対する刺激が強くなり、皮膚が荒れているときには注意が必要ということになります。

化粧水などは非常に安全な印象がありますが、ソリューション(水溶液)であることが多く、皮膚が荒れているときには注意が必要ということになります。

理事長ブログ | 基礎化粧品 | comments(0) | trackbaks(0)
採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック