HOME > ブログ > 未分類 > 週刊新潮に特集されました。
pagetop

週刊新潮に特集されました。

5月18日週刊新潮の「注目の名医」にて花房理事長が特集されました。

「注目の名医」は教授経験者等、並外れた実績を有する医師が特集されるコーナです。

注目の名医では、皮膚腫瘍における低侵襲手術の先駆者として特集されました。

低侵襲手術とは、傷跡が小さく患者様の体の負担が少ない 手術ということになります。

これまでの皮膚外科では、皮膚腫瘍は切り込まずに完全な形を残して取りきるということにこだわり、皮膚を大きく切開して取るというのが常識でした。その結果、小さめの腫瘍を取るにしても大きな傷跡が残っておりました。

花房は、明らかに良性で大きく切開する必要のないものに関しては、傷跡が小さくなり手術にこだわり、その術式を開発、広めていきました。時には先輩医師から、邪道という非難を受けながらも、研究と実践を重ね、その術式は評判を呼び、多い時には1年に4000名以上という患者様に低侵襲手術を実施してきました。

現在、皮膚外科において、良性腫瘍に対しては低侵襲手術が常識となっています。

その実績が評価され、2015年には日本人皮膚科医として初めて、「アジアにおける次世代のリーダー100人」に選ばれるなど、数々の賞を受賞してきました。

そして現在では、通常、困難と言われる化膿性汗腺炎や毛巣洞にも新しい術式を導入しつつあります。今回は改めて、その低侵襲手術の開発、普及を行った実績が認められ、特集されることとなりました。

ご興味のある方はご参照くださいませ。


脱毛キャンペーンのご案内

こんにちは(^ ^)   三鷹はなふさ皮膚科です。

(さらに…)

理事長ブログ | 未分類 スタッフ日記 | comments(0) | trackbaks(0)

ヒアルロン酸キャンペーンもう少しで終了です!

今回のヒアルロン酸キャンペーンは5月末で終了になります。
今回のキャンペーンも非常に好評で、150名以上の方に治療を受けていただきました。

アラガン社ボリューマによるヒアルロン酸注射が、2本7万円というのはかなりお得なキャンペーンだと思いますので、ご興味のある方は是非この機会にお試しください。

もちろん、2回目ご利用いただいても問題ありません。

ヒアルロン酸注入と聞くと、「頬がパンパンになりそう」とか、「皮膚がボコボコしそう」、「人にバレそう」と言った心配があると思うのですが、それらは過去の遺物になりつつあります。海外のセレブ、芸能人などが異様な注入を行い、批難されているのをご覧になった方は多いかもしれません。

特に批難されやすいのは
・頬がパンパンに膨らんでいること(アジア人は特に注意が必要)
・唇が異常に膨れている。
・顎が極端にとがる、盛り上がっている。
・涙袋を作りすぎる。
という点です。

海外で「ヒアルロン酸ガオ」と揶揄されるのは、頬が盛り上がり過ぎていて、唇がバランスを欠くほど、アゴが尖っている顔で、他人からいい印象を持たれることはまずありません。

繰り返しになりますが、ヒアルロン酸注入は人にバレてはいけません。

当院のヒアルロン酸注入のポイントは「人にバレない」、自然な注入を行う点です。
写真を添付いたしましたが、どこに注入したか分からないにもかかわらず、全体として自然に若返っているのがお分かり頂けると思います。

「自然な若返り」にご興味のある方は是非一度お試しくださいませ。キャンペーンは5月末で終了になります。

 

理事長ブログ | 未分類 ヒアルロン酸 たるみ おすすめ! | comments(0) | trackbaks(0)

ヒアルロン酸注入実績

2017年3~4月のヒアルロン酸注入実績です。
3月初旬に開催された海外の学会(ADD)で習得した
最新の注入法での施術を行っております。
より多くの患者様に来院頂き誠に光栄です。
さらに貢献していけるよう、精進して参ります。

理事長ブログ | 未分類 ヒアルロン酸 | comments(0) | trackbaks(0)

エビデンスとは?

エビデンス、という言葉が医療関係者の間ではよく使われています。Wikiで調べると証拠・根拠、証言、形跡という意味と書かれています。

我々、医者にとっては、エビデンスというのは、極めて重要な意味を持ちます。
ある治療が効果があるのかないのか?、そしてそれを裏付ける根拠(=エビデンス)があるのかないのか?そしてその根拠(=エビデンス)のレベルは何なのか?ということになります。

エビデンスにもレベルがあり、最もレベルが高いものは、ダブルブラインド試験(二重盲検試験)といって、医師、患者さま、ともに自分が何の治療をしているのかわからない状態で、比較試験を行う、という試験を痛快したものです。その試験で、効果あり、とという判定がなされ、さらに追実験を行っても同様の結果が得られているものが、最もエビデンスレベルが最も高く、「患者さまに積極的に推奨すべし」という話になります。

逆に、5名の患者さまで〇〇の治療を行い、皆さんにすごい効果がありました!という論文を見ると、「すごい!」となりがちですが、そんなことはなくエビデンスレベルは極めて低く、効果があるという裏付けにはなりません。これらを症例報告レベルと呼んだりすることもあります。

マウスで素晴らしい効果がありました!とか、人の皮膚細胞で効果がありました!という論文に関しては、それ以下で、安全性、効果ともに、全く未知数、ということになります。

すなわち、エビデンスあり、と聞くと、凄そう、信頼できそう、と思ってしまうのですが、実はエビデンスにもレベルがあり、その治療のエビデンスのレベルが低く、効果があるという学術的な裏付けが全くないものも結構ありますので、注意が必要です。すごく有名な治療でも症例報告レベルのことはよくあります。特に美容医療の業界では、そのようなことが多々ありますね。

FDAや厚労省認定のものは大概、エビデンスレベルが高いです。

当院、および当研究会では、エビデンスレベルが高いもののみを扱うように意識し、変革してまいります。

理事長ブログ | 未分類 クリニック情報 お知らせ 診療 | comments(0) | trackbaks(0)
採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック