HOME > ブログ > 水虫 > 夏に多い病気〜水虫、水虫に似た病気〜
pagetop

夏に多い病気〜水虫、水虫に似た病気〜

ジメジメと蒸し暑い季節になりました。
足の皮が剥けて「水虫かな?」と思う事があるのではないかと思います。

「市販の水虫薬でも付けようか」、と思う事もあるかと思いますが、本当に水虫でいいのか、は少し考えてからの方がいいようです。

水虫に似た病気は代表的なものだけでも
湿疹
汗疱
紅色陰線
掌蹠膿疱症
Pitted keratosis
などがあり見た目だけで水虫を診断する事はとても難しいです。

さらにご自身で水虫を疑って市販薬を付けても治癒に至る可能性は10%程度と言われており、ほとんどが治癒しないのです。

最初の診断が違っていることが大きな理由の一つなのですが、間違った診断で高いお金を払って市販薬を購入するのはもったいないので、水虫を疑った場合は一度皮膚科を受診するほうがいいですね。

新座院は本日6月12日、午後は休診となります。ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、何とぞよろしくお願いします。

理事長ブログ | 水虫 | comments(0) | trackbaks(0)

爪水虫のレーザー治療開始します.

数名の爪水虫のモニターの方のレーザー治療を開始しましたが、非常に優れた効果があることが確認できたため、本格的に治療を開始したいと思います.
これまで爪水虫は内服治療と外用治療を組み合わせて行うものでしたが、長い間治療を行っても治りきらない場合が10〜30%程度あり、お困りの方が多かったかと思います.また爪水虫の飲み薬は肝臓に負担をかけるため、たくさん薬を飲んでいる方や、肝臓が弱っている方は飲むことが出来ないという限界がありました。

現在注目されているレーザー治療は体に全く負担をかけることなく、ほとんどお痛みもなく、10分程度で治療が終了するという画期的な治療です.
月に一回、3回程度治療を行えば、大いに改善を期待することが出来ます.

爪水虫で長い間お困りの方は是非ご相談くださいませ。

1回の治療費
親指:5000円
その他の指:2500円となります.

理事長ブログ | 水虫 | comments(0) | trackbaks(0)

かかと水虫について

かかと水虫についてお問い合わせをいただいたのでお答えしておきたいと思います。

夏の時期は水虫が気になるという方が多いと思われますが、その中で特に治りにくいのがかかと水虫であります。
かかと水虫は正式には角化型白癬と呼ばれ、かかとを角質が分厚くなっていくのが特徴です。痒みはあまりないのが一般的です。

なかなか水虫と気がつかないため放置されていることが多いとされています。角質が分厚くなり、その中に水虫菌がいるために通常の外用抗真菌薬では場合があります。気になる方はご来院をお勧めしたいと思います。

理事長ブログ | 水虫 | comments(0) | trackbaks(0)

爪水虫のレーザー治療について

爪水虫(爪白癬)に対するYAGレーザー治療の優れた治療が報告されてつつあります。先日の日本皮膚科学会総会でもいくつかの報告がありました。
患者様からのご要望が多く、当院でもその治療を開始することといたしました。なぜYAGレーザーが爪白癬に効くのかは今の所はっきり分かっていないのですが、長期の抗真菌薬の内服が出来ず、困っている患者様には朗報になるかと思います。レーザー治療は全くと行っていいほど副作用がありません。
思えばYAGレーザーというのは不思議なレーザーで、時には医療レーザー脱毛の切り札にもなりますし、毛穴、ニキビ後の治療にも高い効果を発揮し、酒さなどの赤みにもよく効きます。
症例の蓄積のために数例のモニターの患者様を募集させていただきますので、ご興味のある患者様はお気軽にお問い合わせください。

理事長ブログ | 水虫 | comments(0) | trackbaks(0)

水虫(足白癬)が治らない理由

水虫を毎年繰り返してらっしゃるという方は多いのではないでしょうか?
水虫が治らない理由がある程度分かってきたので、ご報告させていただきたいと思います。
①    毎年治りきる前に水虫の薬を止めてしまっている。水虫の塗り薬は、よくなったと思っても1~2ヶ月はつけ続けなければなりません。
②    ご家族に無治療の水虫患者様がおられ、知らないうちにうつされてしまっている。そうならないためにも、ご家族同時に治療された方が、効率よく治療を終わらせることができます。
③    爪水虫があり、水虫は塗り薬で治っても、爪水虫は治っていないので毎年爪水虫から菌が広がり、水虫になってしまう。なんと日本人の10人に1人が爪水虫を持っているといわれています。爪水虫は基本的には内服治療を行わないと治りません。
④    そもそも水虫でない。湿疹と水虫の区別はきちんと検査しないとわかりません。さらには紅色陰癬という水虫に非常に似た病気があるので注意が必要です。市販の水虫の薬をつけてある程度良くなったからと言って、水虫であったと思うのは誤りです。市販の水虫の薬には抗炎症剤が含まれている場合があり、湿疹も良くなることが多いからです。
特に注意が必要なのは、③と④ではないかと思われます。水虫かな?と思ったらせめて最初の診断だけでも皮膚科で行ってほしいと感じております。検査は1~2分で済みますし、水虫の患者様はたくさん来られますので、全く恥ずかしいということはありません。

理事長ブログ | 水虫 | comments(0) | trackbaks(0)
採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック