HOME > ブログ > 未分類 > それは脂肪腫?
pagetop

それは脂肪腫?

こんにちは。

本日は「脂肪腫」のお話です。

先日新座院でも10cmほどの肩部脂肪腫の手術をいたしました。

あまり聞き慣れない患者様も多いと思いますが、珍しい皮膚腫瘍というわけではございません。

 

脂肪腫とは?

・皮下にできる比較的柔らかい腫瘍

・40代以降の男女、肥満者が比較的多い

・やや盛り上がり有り、柔らかいしこり

・1cmから20cm

・全身にでき、徐々に大きくなる

・手術にて切除

【当院における平均通院回数】

3〜4回(術前診断・手術日・抜糸日・フォロー日)

※当日の混雑状況によっては診断日と手術日が同日となる場合があります

 

あまりに小さいものは患者様のご希望により経過観察とさせていただきますが、自然になくなるものではないので結果的に手術となります。

その際には長く放置され、だいぶ育ってしまう場合が多く、脂肪腫自体が大きいとやはり傷口も大きくなる可能性がございます。

大きくクリニックの範囲を超えるものと医師が判断した場合、患者様と相談の上、総合病院などの入院施設にご紹介することもあります。

小さいうちにとってしまうのも患者様のご選択のひとつかなとも思います。

 

では当院で行った脂肪腫の1例をご紹介いたします。

右腕にできた脂肪腫の患者様です。
冬はいいのですが、春夏の薄着の季節には患部があらわになってしまうため大変気にされていました。

脂肪腫治療前0001

脂肪腫治療後0002

術後3ヶ月です。
周りの方々にも綺麗になったね、と言われるそうです。

その言葉をお聞きし、私たちも大変嬉しく思います^^

 

体にあるしこりが気になる方は是非いらしてください。

しっかり診断いたします。

 

もしその時間が無い、手軽に知りたい、と言う方はこちらでご確認ください

 

汗管腫と稗粒腫について

こんにちは!新座はなふさ皮膚科オオシマです♪

今回は汗管腫と稗粒腫についてお話いたします。

汗管腫下眼瞼を中心に、ポツポツと集蔟して出来る1mm~3mm程度の常色(肌色)の丘疹です。
思春期以降の女性に後発します。白ニキビに似ていますが、放っておいても治ることはありません。
皮膚良性腫瘍に分類されますが、放置しても特に支障はありませんが、整容的に治療を希望される患者さまが多いのも当疾患の特徴です。

a7f7b7b134492d504234bb4ba61a5cf4-150x150
上記は汗管腫の写真です。

 

稗粒種は眼の周りなどにできる黄白色~常色の1mm~3mm程度の丘疹です。白ニキビ、汗管腫に外見上は似ていますが、病理学的に異なるものです。時に丘疹が破裂して、内容物が排出されることもあります。放っておいても問題はないのですが、炭酸ガスレーザーにて容易に治療できます。

 

当院における治療法はこちらです(^^)

【保険適応】
稗粒腫:炭酸ガスレーザーにて焼灼します。
参考:稗粒腫は、注射針の先で刺して内容物を取り出す治療が一般的ですが、それだけだとすぐに再発しまいますので、新座はなふさ皮膚科では内容物を取り出した後に炭酸ガスレーザーで照射を加える方法をとっています。

【保険外治療】
汗管腫:炭酸ガスレーザーにて焼灼します。
合算した合計でなく1つ1つの大きさごとの計算となりますのでご注意ください。
※税抜き表示です
〜3mm未満  ¥10,000
3〜5mm未満 ¥15,000
5mm〜     ¥20,000

詳しくはスタッフまでお問い合わせくださいね^^

理事長ブログ | 症例写真 皮膚腫瘍 | comments(0) | trackbaks(0)

ヒアルロン酸注入の安全性について

ヒアルロン酸注入の安全性に対するお問い合わせが増えておりますので、少しコメントしておきます。
ヒアルロン酸はもともとヒトの体に広く分布する物質で、アレルギー反応が起こる確率は極めて低いことがわかっております。
いただいたご質問にお答えする形で、ブログを書いていきたいと思います。
Q.ヒアルロン酸の効果が、突然切れて、しわが急速に目立つようになっるのでんはないか?
A.ヒアルロン酸は徐々に吸収されていきますので、急に効果が切れるということはありません。
Q.ヒアルロン酸の効果が切れた後、もとよりしわが深くなるのではないか?
A.そのようなことはありません。ヒアルロン酸は繊維芽細胞に作用し、その働きを活性させ、皮膚のコラーゲンの量を増やす働きがあることがわかってきております。そのため、ヒアルロン酸を注入した場合、そうでなかった場合よりご自身のコラーゲンの量はむしろ増えていることの方が多いのです。
論より証拠というわけではないですが、少し私も自分自身に注入してみました。
鼻の横の窪みに注入していますが、お分かりになりますでしょうか?(自己注入は非常に危険なので絶対に真似しないようにお願い申し上げます)。

理事長ブログ | 診療 症例写真 | comments(2) | trackbaks(0)

ほくろ切除の実際

ほくろ治療の症例写真をご紹介したいと思います。
(モニターの方の写真であり、ホームページ等で写真を使わせていただくことはあらかじめご了解いただいております)。
まず術前の写真です。
炭酸ガスレーザーで切除しました。一週間後の写真です



さらに一週間後の写真です。

まだ少し赤みと陥凹が残りますが、数か月でほぼ分からないくらいになります。

理事長ブログ | しみ 症例写真 | comments(0) | trackbaks(0)

日光性黒子と脂漏性角化症の合併例

 本日は、日光性黒子と脂漏性角化症の合併例をどのように治療するかを述べたいと思います。左図は治療前の写真です(モニターの患者さまで、写真を公開することの同意をいただいています。)。大きな褐色斑が日光性黒子で、中心部の盛り上がったところが脂漏性角化症です。このような臨床像を見るたびに、脂漏性角化症は日光性黒子から出てくることがあるのではないかと改めて考えさせられます。
 中心部の脂漏性角化症を炭酸ガスレーザーで、周囲の褐色斑はアレックスレーザーにて治療を行いました。治療時間は合計で15分程度です


 右図は10日後の写真です。少し痂皮が残りますがかなりきれいになっているのがわかります。少しファンデーションを付ければ、シミがあったことが分からないくらいになるのではないでしょうか?
 もちろんこの後、炎症後色素沈着が出ないか注意深く見ていく必要があります。(もし炎症後色素沈着が出ても、それは一過性のもので、3ヶ月~6ヶ月でほぼ消失します。)

シミについて詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

理事長ブログ | しみ 症例写真 | comments(0) | trackbaks(0)
採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック