HOME > ブログ > 未分類 > 週刊新潮に特集されました。
pagetop

週刊新潮に特集されました。

5月18日週刊新潮の「注目の名医」にて花房理事長が特集されました。

「注目の名医」は教授経験者等、並外れた実績を有する医師が特集されるコーナです。

注目の名医では、皮膚腫瘍における低侵襲手術の先駆者として特集されました。

低侵襲手術とは、傷跡が小さく患者様の体の負担が少ない 手術ということになります。

これまでの皮膚外科では、皮膚腫瘍は切り込まずに完全な形を残して取りきるということにこだわり、皮膚を大きく切開して取るというのが常識でした。その結果、小さめの腫瘍を取るにしても大きな傷跡が残っておりました。

花房は、明らかに良性で大きく切開する必要のないものに関しては、傷跡が小さくなり手術にこだわり、その術式を開発、広めていきました。時には先輩医師から、邪道という非難を受けながらも、研究と実践を重ね、その術式は評判を呼び、多い時には1年に4000名以上という患者様に低侵襲手術を実施してきました。

現在、皮膚外科において、良性腫瘍に対しては低侵襲手術が常識となっています。

その実績が評価され、2015年には日本人皮膚科医として初めて、「アジアにおける次世代のリーダー100人」に選ばれるなど、数々の賞を受賞してきました。

そして現在では、通常、困難と言われる化膿性汗腺炎や毛巣洞にも新しい術式を導入しつつあります。今回は改めて、その低侵襲手術の開発、普及を行った実績が認められ、特集されることとなりました。

ご興味のある方はご参照くださいませ。


化膿性汗腺炎とは?

化膿性汗腺炎とは、あまり聞きなれない疾患かと思いますが、現在、米国などでは割と話題になっている疾患かと思います。

これまで「膿皮症」などと呼ばれていた疾患ですが、「膿皮症」という病名が曖昧すぎるため、化膿性汗腺炎という病名が出てきたものと思われます。

化膿性汗腺炎(膿皮症)というのは割とありふれた疾患で外来でも1日に数人拝見することもあります。粉瘤やケロイドと間違えられていることが多いです。皮膚が膿んで、皮下に空洞や瘻孔を作り、痛くてジュクジュクした膿瘍を作ります。

お尻や首の後ろ、脇などに発症することが多いです。

半年に一回くらいは暴れ出し、腫れて、ジュクジュクし、痛み出します。

治療に関しては、実は明確なエビデンス、ガイドラインというものはなく(!)、ある意味、オーダーメイドで治療していかなければいけません。日本ではビブラマイシンやミノマイシンの治療を行われていますが、もちろん不十分で、さらに強力な治療が必要になります。

海外では、ダラシンとリファンピシンの2剤で治療したりしますが、日本では保険は効きません。イソトレチノインや生物学的製剤も試みられていますが、同様に保険は利かず、厚労省の認可すら下りていません。

現状、日本では、現実的には手術療法しかありませんが、手術でも取り残すと再発してきますので、一筋縄ではいきません。かといって完全に取りきろうとすると、無理な手術になってしまう可能性もありますし、植皮をする場合は数週間の入院が必要となるでしょう。

瘻孔や空洞を完全にオープンにし、周囲に組織を可及的に取りきる、という姑息的な手術で高確率で再発を抑えられた、という論文もあり、そのあたりが我々、皮膚科医開業医ができる現実的なラインかな、と思います。

お困りの方は是非ご相談ください。

お忙しい方に朗報!

お忙しい方に朗報です!

これまで、はなふさ皮膚科では一般保険診療のご予約は承っていなかったのですが、【久我山はなふさ皮膚科限定】で、一般保険診療のご予約を承ることとなりました

通常、どこの皮膚科も混んでいますので軽い症状でも、長時間待たなければいけないことが多いのですが、これからは待ち時間が少なく快適に受診していただくことが可能となります!
小さなお子様をお持ちの方、お忙しいビジネスマンの方も受診しやすくなるのではないでしょうか?


アトピー性皮膚炎、ニキビ、白癬、かゆみ、湿疹、とびひ、乾癬、やけど、尋常性疣贅(ウイルス性イボ)といった一般皮膚科でももちろん、ご予約は可能です。

例えば、アトピー性皮膚炎や尋常性疣贅(ウイルス性イボ)のように定期的に通院が必要な方も、予約のシステムがあれば規則正しい通院をしやすくなりますね。ぜひご活用ください。

花房理事長も木曜日(午前・午後)、、金曜日(午前・午後)と久我山院にて勤務させていただいており、他のはなふさ皮膚科と同じ治療を受けていただくことが可能です。

久我山はなふさ皮膚科は京王井の頭線久我山駅から歩いて1分のところにあります。
詳しくはこちらをご参照くださいませ。

03-5336-0770 までお気軽にご相談くださいませ。

粉瘤(アテローム)治療1年間の実績1885件

当院は、粉瘤(アテローム)のくりぬき法を推奨しておりますが、1年間の治療実績ができましたのでご紹介させていただきたいと存じます。

当院はくりぬき法(ほぞ抜き法)と呼ばれる、小さな穴を開けて粉瘤を抜き取る方法を改良、広めた実績で国際的にも評価されているクリニックです。

 

粉瘤でお困りの方は是非当院にご相談くださいませ。

 

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
134件 163件 124件 135件 131件 174件 170件 137件 154件 241件
11月 12月 合計
192件 130件 1885件
 

理事長ブログ | 粉瘤 皮膚腫瘍 | comments(0) | trackbaks(0)

皮膚腫瘍でご不安の方へ

こんにちは。久我山はなふさ皮膚科です。

今日は温かくて良いお天気ですね。もうそろそろクリスマスですね。

DSC_1304

クリスマスが過ぎればお正月・・・

本当に1年はあっと言う間に過ぎますね。

年末年始のお休みにむけて粉瘤やほくろの手術をされる方が多いように感じます。

そんな患者様のために国分寺駅前はなふさ皮膚科には「皮膚腫瘍専門サイト」がございます。

実は現在皆様がみてらっしゃるブログを掲載しているサイト以上に、皮膚腫瘍に特化したサイトをご用意しております。

年末年始に放置して、腫れたり炎症が起きては大変です。ほとんどの医療機関はお休みですので何かあってからでは心配です。
皮膚腫瘍にも様々な種類がございまっす

もしお心あたりのある方はこちらをどうぞ

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
☆はなふさ皮膚科LINE開設☆
簡単登録♪お得な情報満載!登録者のみ限定プレゼントもあるかも!?
・LINEホーム→公式アカウント→「はなふさ」で検索!
もしくは
・LINE ID検索 → @pjz7733h で検索!
「三鷹はなふさ皮膚科」が当院のアカウントです^^

※久我山院ですが三鷹院で全院統一しております
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック