HOME > ブログ > 酒さ > 酒さのまとめとアップデート
pagetop

酒さのまとめとアップデート

酒さというのは赤ら顔をきたす代表的な疾患で、近年、本邦でも増えてきている、と言われる病気です。

顔の繰り返すほてりが見られます。ほほや鼻、あご、額、眉間に症状が出やすいです。首などにもほてりがでることもあります。

第1病期

紫外線や飲酒、寒暖の差などの刺激で、顔のほてり、赤みが数時間〜数日間持続します。ヒリヒリとした刺激間が出ることも多々あります。

第2病期

ニキビに似た発疹が突然現れ、数週間持続します。

第3病期

鼻が赤く腫れ、ニキビのようなしこりが見られてるようになります。放置した場合、鼻瘤(団子鼻)が見られるようになります。

 

いずれも以下のような要因で増悪します。

■紫外線熱(急に厚いところに行くことなど)

■寒気(逆に急に寒いところに行くと増悪することもあります)

■アルコール摂取刺激物の摂取

■熱い食べ物の摂取

■激情

■刺激の強い化粧品など

 

原因ははっきりしていませんが毛穴に生息するニキビダニや慢性的な化粧品かぶれが関係している可能性が指摘されています。MMP-1, -3, and -9 といったタンパク質、抗微生物ペプチドの一つであるLL-37が関与しているとも言われています。

それに伴いアルツハイマー病などの認知症、パーキンソン病といった神経疾患と合併頻度が高いことも指摘されています。

ステロイドを使って、同様の症状が出た場合は酒さ様皮膚炎と呼ぶ場合が多いです。

酒さ様皮膚炎の場合は、ステロイドを中止することで改善していくことが多いのですが、酒さの場合は、ご自宅でのスキンケアだけで改善を見込むことは難しく、医療機関での治療が必要となります。テトラサイクリン系の抗生物質の内服や、外用薬、フォト治療、レーザー治療などが必要となります。

フォトやレーザー治療、一部の外用薬は保険適応外となります。

 

酒さでお困りの方は当グループにご相談くださいませ。

理事長ブログ | 酒さ | comments(0) | trackbaks(0)

鼻瘤(団子鼻)の治療

鼻瘤、酒さ3期とも言われる疾患ですが、酒さ1期、2期とは異なる特徴のある疾患です。

通常、酒さは女性に多く、頬を中心に顔が赤くなったり、ニキビのような発疹ができたり、顔がピリピリしたりするのが特徴ですが、鼻瘤(酒さ3期)だけは異なった特徴があります。
それは
・男性に多い
・鼻、鼻周りのみ症状が強い
・鼻が変形してくる
・ピリピリ感は少ない
といった点です。

それらの相違点から酒さ3期は酒さ1期、酒さ2期とはやや異なった疾患であるという考え方もあります。

治療法は比較的似ており、抗生剤の内服や、外用、レーザー治療といったものを組み合わせて行います。

ただ、鼻瘤(酒さ3期)がその他の酒さと決定的に異なるのは、鼻が変形してしまった場合、外科的治療なしには、治らない、という点が挙げられます。

すなわち、鼻の変形をメス、電気メス、炭酸ガスレーザーなどで切り取ってしまう必要があります。

そのようなことをして、鼻に大きな瘢痕、傷跡ができるのではないかと心配になる方もおられると思うのですが、実はそのリスクは意外に低く、二週間程度で傷が塞がり、通常、想像されるよりも傷が綺麗に治るのが特徴です。
鼻瘤(酒さ3期)の患者様は、鼻に皮脂腺が通常よりもはるかに発達しており、それにより傷の治りが良くなっているためです。

鼻が変形して、困っている、という方は試してみる価値のある治療と考えています。

鼻瘤手術:1回118000円となります。
お困りの方はお気軽にご相談くださいませ。

理事長ブログ | 未分類 酒さ 皮膚腫瘍 | comments(0) | trackbaks(0)

酒さ治療の実際

酒さでお悩みの患者様です。フォト治療3回で赤みが顕著に少なくなっています。
ただ単に赤みが取れているだけでなく、お顔のむくみがとれすっきりしてきているのが分かるかと思います。これはダイエットをされたからというのではありません。酒さの方というのは、慢性的な炎症のためむくみが出ており、治療が進んでいくと、ぴりぴりとした違和感や、火照りなどとともにむくみが引いていく事も多いです。

酒さでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

理事長ブログ | 酒さ | comments(0) | trackbaks(0)

酒さの患者様が増えているようです。

お顔(ときに首まで)に赤み、火照り、ぴりぴり、ニキビ様発疹といった症状を引き起こす酒さという疾患が増えてきているようです。
皮膚科医の集まりでも、「なぜか酒さの患者さんが増えている」と耳にする事が多くなりました。
原因についてははっきりしませんが、酒さという疾患が認知されてきているのが大きいようです。

酒さはすぐには治らない病気で、大いに悩んでいる方が多く、当院でも遠くは盛岡などから受診される方もおられました。ある種の抗生剤の内服やタクロリムス外用で改善が見込めますが、それでも改善が十分でない場合は、色素レーザーや当院で導入しているフォト治療(アイコン)などでさらに改善させる事が可能です。

治療はそれほど難しくはないのですが、なかなか診断にたどり着かない、という問題点があるようです。
脂漏性皮膚炎、化粧品かぶれ、アトピー性皮膚炎、ニキビ、光線過敏症などと間違えやすいといわれています。

理事長ブログ | 酒さ | comments(2) | trackbaks(0)

赤ら顔の原因

赤ら顔でお悩みの方は多いかと思いますが、その原因として
・湿疹
・花粉症皮膚炎(花粉かぶれ)
・化粧品かぶれ
・ニキビ痕の赤み
・光線過敏症
・酒さ
・脂漏性皮膚炎

など様々なものがありますが、数年以上繰り返しており、火照りやすく、化粧品など何を付けても刺激を感じてしまう、という方は酒さを疑っていいと思います。
酒さの方は皮膚が非常に敏感になっていますので、どんな化粧品を付けても刺激を感じてしまいますので、化粧品かぶれと間違えられやすく、また紫外線により増悪しますので、光線過敏症と間違えられがちです。

赤ら顔でお悩みでなかなかよくならないという方は一度ご相談いただきたいと思います。

理事長ブログ | 酒さ | comments(0) | trackbaks(0)
採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック