pagetop

扁平母斑とは

いわゆる茶アザで、健常人の10%にみられるものです。日本では扁平母斑というと均一な茶アザを指します。茶色の中に小さな濃い茶色の斑点があるものは日本では点状集簇性母斑の亜型と捉えることが多いです。
出生時、もしくは生後比較的早期に出現し乳幼児期に病変がはっきりしてきます。
性差はなく一般的に6歳を過ぎると新たに増加することはありません。
手のひら、足の裏を除いてどこにでも発症しえます。1つのことが多いのですが、3つ、4つと見られることもあります。
数mmー数cmのことが多いのですが、数十cmになることもあります。


NF1

大きな扁平母斑(小児であれば5mm以上、思春期以降であれば15mm以上)が6個以上あれば、神経線維腫症1型(NF1,レックリングハウゼン病)が疑われます。
NF1とは、皮膚に神経線維腫という腫瘍が多発してくる疾患です。扁平母斑が多発し、骨病変が見られることもあります。中枢神経にも神経線維腫が出てくる場合があり、注意が必要です。


McCune-Albright症候群

そのほか、McCune-Albright症候群という疾患でも扁平母斑が片側性に見られることがあります。McCune-Albright症候群は10万人から100万人に一人に発症する稀な疾患で、皮膚カフェオレ斑、線維性骨異形成症、ゴナドトロピン非依存性思春期早発症の三主徴が有名です。


治療法

治療は日本では一部のQスイッチレーザーが保険適応であるため、それが第一選択肢になります。
Qスイッチレーザーを繰り返しても再発する場合があります。

Qスイッチレーザーとは、10億分の1秒の単位でレーザーを照射する機械でシミ治療の切り札となる治療法です。
現在さらに照射時間の短いピコレーザーも登場しており、Qスイッチレーザーで十分効果を得られなかった場合はピコレーザーをトライしてもいいかもしれません。

Qスイッチレーザーの一部は保険適応で、ピコレーザーその他のレーザーは自費治療です。

レーザー治療の専門家の間でよく言われていることは、扁平母斑の辺縁がギザギザして、いびつな形をしている場合はレーザーの反応が良く、逆に辺縁が整で綺麗な円形、もしくは楕円形の場合はレーザーの反応が良くないことが知られています。

幼少期より治療をスタートした方が、あざが消えやすいとの報告もあります。

◇Qスイッチレーザー
◆主な副作用:痂皮化、炎症後色素沈着、赤み、シミがとりきれないこと

予後

扁平母斑が悪性化することはなく、NF1やMcCune-Albright症候群を合併しない限り生命予後に影響はありません。


  • ①まず医師が診察し、診断を行います。
  • ②レーザー治療の同意書を作成します。
  • ③(ご希望により)エムラクリームを塗布します。
  • ④レーザーを照射します。
  • ⑤1週間後経過をチェックします。
  • ⑥(ご希望により)1ヶ月後、経過をチェックします。
  • ⑦3ヶ月後再照射をします。

上記を何度か繰り返します。


よくあるQ&A

Q保険は効きますか?
Aはい効きます。すべて保険適応となります。
Qどれくらいの料金がかかりますか?
A一回あたりのレーザー照射料金は
  • イ) 4平方センチメートル未満⇒2,000点
  • ロ) 4平方センチメートル以上16平方センチメートル未満⇒2,370点
  • ハ) 16平方センチメートル以上64平方センチメートル未満⇒2,900点
  • ニ) 64平方センチメートル以上⇒3,950点
ですので例えば3割負担の方は一回あたりのレーザー照射料金は
  • イ) 4平方センチメートル未満⇒6,000円
  • ロ) 4平方センチメートル以上16平方センチメートル未満⇒7,110円
  • ハ) 16平方センチメートル以上64平方センチメートル未満⇒8,700円
  • ニ) 64平方センチメートル以上⇒11,850円
かかります。
1割負担の方ですと、一回あたりのレーザー照射料金は
  • イ) 4平方センチメートル未満⇒2,000円
  • ロ) 4平方センチメートル以上16平方センチメートル未満⇒2,370円
  • ハ) 16平方センチメートル以上64平方センチメートル未満⇒2,900円
  • ニ) 64平方センチメートル以上⇒3,950円
となります。
さらに初診料、再診料、処方箋料
自治体によっても異なりますが、お子さんの場合は無料になることが多いです。
Q扁平母斑にレーザーは効きますか?
A扁平母斑は一般的にはレーザーが効きにくいことが知られています。
しかし扁平母斑の一部にはレーザーが著効する例もあり、一度は試すべき治療と考えています。
Q扁平母斑は再発しますか?
A一般的には扁平母斑は再発しやすいです。そのため何度も治療する必要があります。
Q治療は痛いですか?
Aレーザーにより弾かれるような痛みがありますが、通常はアイスパックなどでクーリングすることで十分、治療することが可能です。もしお痛みが苦手な場合や小さなお子様の場合は、麻酔のクリームを使用し、治療することも可能です。
Q 1回の治療にどれくらい時間がかかりますか?
A範囲にもよりますが、レーザー照射自体は数分〜10数分で終わります。
麻酔のクリームを使用した場合、麻酔が効いてくるのに1時間くらい待ちますので、その分、時間がかかることになります。
Q治療後のダウンタイムを教えてください。
A 1週間ほどかさぶたが続きますので、その部位をガーゼなどで覆っていただきます。
Qレーザー治療のリスクを教えてください。
A扁平母斑の場合は治療期間中にまだらになるような病変部がまだらになるような副作用が起こりえます。
レーザーを極端に強く照射したり極端に治療期間が短いと、レーザー後に色が抜けたり、傷ができたりしますが、通常の照射であればそれほど心配することはありません。

採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック