pagetop

太田母斑とは

太田母斑は日本では全人口の0.1-0.2%の方に見られる稀とは言えない疾患です。

1歳までに発症することが多いです。
思春期に発症する場合もあります。
女性に多く、太田母斑の80%程度は女性です。


症状

青褐色のあざが顔の右か左のどちらかに見られます。目の周りから額、頬にかけて褐色斑がみられます。(図1)


軽症型

軽症型はややバリエーションに富み4タイプに分類されます(図1)。
  • 1眼窩型(右か左の目の周りにだけあざができるタイプ)
  • 2頬骨型(右か左の頬骨上に三日月上の褐色のあざが見られるタイプで、最も太田母斑と気付かれにくいタイプです)
  • 3前額型(右か左の眉の上にだけあざがみられるタイプです)
  • 4鼻翼型(鼻の穴の横にだけあざが見られるタイプです)

ちなみに20−30代で発症し、頬に左右対称に見られるあざはADMと呼び太田母斑とは区別するのが普通です。


中等度型

左右のどちらかの眼周囲に色素斑が見られます。


重症型

左右のどちらかの眼周囲から頬、額にかけて色素斑がみられます。


診断

軽症型の場合、シミなどとの区別を迷う場合がありますが、一般的には独特の色調から診断は容易です。


原因

はっきりしたことはわかっていませんが、胎児期の皮膚メラノサイト(メラニンを作っている細胞)の定着過程に何らかの問題があるのではないかと推定されています。


治療法

Qスイッチ付きレーザーの一部が保険適応で、瘢痕も残さず治療することが可能ですので、Qスイッチ付きレーザーによる治療がファーストチョイスとなります。
Qスイッチ付きレーザーとはナノ秒(10億分の1秒)単位でレーザーを照射する機械で、2018年現在、シミあざ治療の王道といっていいレーザーです。波長の違いによりQスイッチルビーレーザー、Qスイッチアレキサンドライトレーザー、QスイッチNd:YAGレーザーが使われます。
保険適応を有するのはQスイッチルビーレーザー、Qスイッチアレキサンドライトレーザーの一部でどちらも優劣はなさそうです。
当法人グループでは保険適応を有するQスイッチアレキサンドライトレーザーをファーストチョイスとしております。
現在ではさらにパルス幅の短いピコレーザー(1兆分の1秒単位でレーザーを照射する機械)が登場していますが、保険適応はありません。

◆Qスイッチアレキサンドライトレーザー
料金:1回(1cmあたり)15,000円
主な副作用:痂皮化、炎症後色素沈着、赤み、シミが取りきれない
◆YAGレーザー
料金:1回(10mmあたり)30,000円
主な副作用:痂皮化、炎症後色素沈着、赤み、内出血、熱傷

治療の流れ

  • ①まず医師が診察し、診断を行います。
  • ②レーザー治療の同意書を作成します。
  • ③(ご希望により)エムラクリームを塗布します。
  • ④レーザーを照射します。
  • ⑤1週間後経過をチェックします。
  • ⑥(ご希望により)1ヶ月後、経過をチェックします。
  • ⑦3ヶ月後再照射をします。

上記を何度か繰り返します。

レーザー後かさぶたになりますが、シミ治療と異なりかさぶたが取れた後も色素が残存し、細胞外に放出されたメラニン色素をマクロファージという免疫細胞が掃除してくれるのを待つ必要があります。
そのため、1回のレーザー照射後に治療効果をご実感できるまで、1、2か月かかるのが普通です。

3-6回のQスイッチ付きレーザー治療で完全に取り切ることが可能です。


料金

すべて保険適応となります。
一回あたりのレーザー照射料金は


  • イ) 4平方センチメートル未満 ⇒2,000点
  • ロ) 4平方センチメートル以上16平方センチメートル未満⇒2,370点
  • ハ) 16平方センチメートル以上64平方センチメートル未満⇒2,900点
  • ニ) 64平方センチメートル以上 ⇒3,950点

ですので例えば3割負担の方は一回あたりのレーザー照射料金は


  • イ) 4平方センチメートル未満 ⇒6,000円
  • ロ) 4平方センチメートル以上16平方センチメートル未満⇒7,110円
  • ハ) 16平方センチメートル以上64平方センチメートル未満⇒8,700円
  • ニ) 64平方センチメートル以上⇒11,850円

かかります。
ご自身が何割負担かは保険証をご確認ください。


予後

3−6回のQスイッチレーザーで治療でほぼ完全にあざと取り切ることが可能です。
Qスイッチレーザーにより瘢痕(傷跡)を作らずに治療することが可能ですが幼少期に治療した場合は思春期頃に再発することがあります。
治療により、正常なメラノサイトも破壊され、やや白く抜ける場合もあります。
太田母斑を放置した場合白人では悪性化の報告がありますが、有色人種では悪性化の報告はあります。


当院でのQスイッチレーザーの治療実績

Qスイッチアレキサンドライトレーザー 計1697件(美容実績も含む)

-内訳-
  • 三鷹院   2014年11月~2018年1月 599件
  • 新座院   2014年11月~2018年1月 488件
  • 国分寺院  2015年  7月~2018年1月 341件
  • 久我山院  2016年  5月~2018年1月 188件
  • 志木院   2017年  9月~2018年1月   81件

よくあるQ&A

Q治療は痛いですか?
Aレーザーにより弾かれるような痛みがあります。ですので特に治療初回は、麻酔のクリーム(エムラクリームや、局所麻酔、神経ブロック)を用いてからレーザーを照射した方がいいかもしれません。
Q 1回の治療にどれくらい時間がかかりますか?
A範囲にもよりますが、レーザー照射自体は数分で終わります。
麻酔のクリームを使用した場合、麻酔が効いてくるのに1時間くらい待ちますので、その分、時間がかかることになります。
Q何回くらい治療したら良くなりますか?
A太田母斑の濃さにもよりますが、通常3−6回程度の治療で消えることが多いです。
Q何歳から治療を受けられますか?
A 1歳から治療可能となっています。
小さいお子様は以前は全身麻酔で治療を行っていたのですが、全身麻酔により学習障害が誘導されうることがわかり、近年では全身麻酔下に太田母斑の治療が行われるということはほぼ無くなりました。
現在では、大人同様、麻酔クリームなどを使用し、治療を行います。
Q治療後のダウンタイムを教えてください。
A7-10日ほどかさぶたが続きますので、その部位をガーゼなどで覆っていただきます。
Q目の周りですが治療できますか?
A当院では治療可能です。
特殊なゴーグルを使用の上、レーザー治療を行っていただきます。
目のキワに関してはコンタクトシェルという特殊なコンタクトレンズを装着の上、治療させていただきます。こちらに関しては小さなお子様は装着が難しいと思われますので、ある程度大きくなってからの治療をお勧めしています。
Qレーザー治療のリスクを教えてください。
Aレーザーを極端に強く照射したり極端に治療期間が短いと、レーザー後に色が抜けたり、傷ができたりしますが、通常の照射であればそれほど心配することはありません。

採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック