HOME > 病気から選ぶ > あせも
pagetop

あせも(汗疹)

院長花房 あせもは汗管(汗の通り道)がつまり、汗が汗管の外に漏れだし、かゆみや炎症が起こる病気のことです。汗管にそってプチプチと白〜赤の発疹が出来ます。痒みを伴うことも多いです。

基本的にはお子様の病気ですが、大人でも極端に通気性の悪い服を着ていたり、急に高温多湿の環境に行くと、汗管がつまりあせもになることがあります。

あせもの原因

汗の通り道が詰まってしまうことで発症します。なぜ汗の通り道がつまってしまうのかというと、皮膚が汗などでぬれたままの状態では角質がふやけ、膨張し、毛穴をふさいでしまうという理由が多いようです。例えば、乳幼児の首は、将来大きくなった時のために皮膚が余分にあり深いしわがあります。そのしわの中ではただでさえ、汗管がつまりやすいのに、汗がたまったままの状態で放置されると、角質がふやけ、さらに汗管がつまりやすくなってしまいます。

当院の治療方針

スキンケアと適度な保湿をご指導させていただきます。
赤みや痒みを伴う場合は、ステロイド外用薬を数日間付けていただきます。

気をつけること

とにかく汗疹の治療法の基本は、汗量を減少させるために身体を涼しく保つことです。汗量の多い夏場は、頻繁に汗をふき取り、お風呂も毎日入ることが大切です。入浴中、汗をかき過ぎないようにぬるめのお湯に入ることをおすすめします。お子様の場合は首筋や後頭部、肘、膝などの汗の溜まりやすいところなども忘れずに洗い流してあげてください。

Q&A

あせもにベビーパウダーを使うと効果的ですか?

ベビーパウダーの粒子は汗管を閉塞させてしまいかえってあせもを悪化させるとこがありますので、あまりお勧めすることはありません。

あせもにどうして保湿が必要なのですか?

皮膚が乾燥していると、皮膚の表面にわずかな炎症が持続し浮腫み、その結果、あせもが起こりやすくなるためです。

採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック