HOME > 病気から選ぶ > じんましん
pagetop

蕁麻疹とは

蕁麻疹は、皮膚の肥満細胞からヒスタミンが分泌され強い掻痒を伴う膨疹(蚊に刺されたような発疹)が全身にできる疾患です。即時型アレルギーとよばれるアレルギーにより発症する場合と、アレルギーが介在しない場合があります。
個々の皮疹は24時間以内に消失しますが、ほかの部位に新たに発疹が生じます。時にアナフィラキシー反応と呼ばれる呼吸苦を伴う急激な反応を引き起こすことがあります。

 

 

蕁麻疹の原因

後述のように特定の食物、薬剤などによって発症する場合もありますが、原因のはっきりしない特発性蕁麻疹が大多数を占めます。
通常は、風邪や腸炎などの感染症、疲労、ストレス、刺激の強い食材の摂取により増悪します。
発症して1ヶ月以内のものを急性蕁麻疹、1ヶ月以上経過したものを慢性蕁麻疹と呼びます。

原因のはっきりしているものでは、以下の蕁麻疹が挙げられます。
■外来抗原によるアレルギー性蕁麻疹(特定の食材、薬剤の摂取などにより蕁麻疹が生じる)
■食物依存性運動誘発アナフィラキシー
(特定の食材を摂取し2~3時間後に運動することにより蕁麻疹が生じる)
■外来物質によるアレルギー反応を介さない蕁麻疹
(サバや豚肉による蕁麻疹はこれに分類されることが多い)
■不耐性による蕁麻疹
(アスピリンやそのほかの非ステロイド性消炎鎮痛剤を摂取することにより蕁麻疹が生じる)
■物理性蕁麻疹
(皮膚表面の機械的擦過,寒冷曝露,日光照射,温熱、負荷,圧迫,水との接触のいずれかにより蕁麻疹が生じる)
■コリン性蕁麻疹
(入浴、運動、精神的な緊張などによる発汗刺激により蕁麻疹が生じる)
■接触蕁麻疹
(特定の物質と接触することにより、接触した部位を中心に膨疹ができる)

そのほか特殊型として血管性浮腫、蕁麻疹様血管炎などがあります。

 

検査

アレルギーによる蕁麻疹が疑われる場合は、初診時、採血にて原因となっている物質を調べます。

 

治療

まずは詳細な問診により、どの蕁麻疹に該当するかを検討します。(ただし蕁麻疹は特発性蕁麻疹が過半数を占めますので、残念ながら原因がはっきりしないことが多いです)

治療は、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬の内服をしていただきます。それでも改善しない場合は、H2ブロッカー(胃薬として使われることが多い)や漢方薬を追加することがあります。
どうしても改善しない場合や症状が強い場合はステロイドの内服を行うことがあります。

 

通院頻度

初発時は1〜2週間に1度、内服薬により発疹が出なくなってくれば1ヶ月に1度程度の通院を行っていただきます。もちろん途中で症状が出なくなればそこで終診となります。
慢性特発性蕁麻疹の場合、薬を飲まなくても症状が出なくなるまでに数年かかりますので、あせらず、じっくり治療することが必要となります。

 

注意事項

原因がはっきりしている場合では、原因物質や刺激を避けていただきます。原因がはっきりしない場合でも、増悪因子(ストレス、感染、暴飲暴食、不規則な生活)を避けていただきます。

 

Q&A

Q蕁麻疹はどれくらいで治りますか?

A特定の食べ物が原因の場合、その食べ物を避けることで蕁麻疹は数日で出なくなります.また風邪などに伴う一過性の蕁麻疹の場合、数週間で治ることが多いです.一方で、原因不明の蕁麻疹の場合が多いのですが、蕁麻疹が出始めてから、4週間以上たったものを慢性蕁麻疹と良い、半年、場合によっては数年続くことがあります.

 

Q蕁麻疹はアレルギーではないのですか?

A蕁麻疹というとアレルギーが原因と考える方が多いようですが、実際にはアレルギーである場合は10%以下でしかなく、ほとんどの場合は原因不明とされています.

 

Q蕁麻疹の原因になる食べ物を教えてください。

A前述の通り、食べ物が原因となることはそれほど多くないのですが、以下のような食材は蕁麻疹の原因となることが報告されております.
アレルギー性の蕁麻疹:豆類、魚介類、卵、イチゴ、トマト、チョコ、ミルクなど非アレルギー性の蕁麻疹:魚介類、食品添加物などがあります。

 

Qその他、蕁麻疹の原因にはどういったものがありますか?

A感染症がきっかけと考えられる症例は比較的多くあります.
細菌感染症:連鎖球菌、ビブリオ、マイコプラズマ、緑膿菌、ヘリコバクター、ピロリ菌
ウイルス感染症:コクサッキー、エコー、ライノウイルス(いずれも所謂、風邪ウイルスです)。
B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス
(小児の急性蕁麻疹の80%、成人の急性蕁麻疹の40%のウイルス感染症が関与しているという報告もあります)
真菌感染症:カンジダ、白癬菌
寄生虫:アニサキス

その他、全身疾患として、膠原病、内分泌異常、消化器病変(胃炎、腸炎)、内蔵悪性腫瘍などが原因となることがあります。

 

Qストレスで蕁麻疹が出ますか?

Aストレスがきっかけで蕁麻疹が発症したり増悪することは多々あるとされています。その場合、ストレスと上手につきあうことが必要となります。

 

Q蕁麻疹の治療法を教えてください。

A抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬の内服が基本となります.効果が不十分な場合は、胃薬(H2ブロッカー)や、漢方薬、ステロイド剤の内服を行うこともあります.
外用薬はあくまで補助的な役割しかありません。

 

Q抗アレルギー薬などは長く飲んでいて良いのでしょうか?

A基本的には問題ないのですが、腎臓や肝臓に問題のある方は、定期的な採血検査をお願いしております.

 

Q何か注意することはありますか?

A寒冷蕁麻疹、日光蕁麻疹、コリン制蕁麻疹など特定の刺激が加わることで蕁麻疹が現れる場合は、その刺激を避けることが基本になります。特定の食材を食べると蕁麻疹が出る場合は、その食材を避けるようにします。原因の特定できない特発性蕁麻疹の場合は飲み薬で症状を抑えることが基本となります。しかし特発性蕁麻疹でもストレス、疲労、風邪などの感染症、虫歯などが悪化要因になっている場合があります。

ストレスや過労が原因となっている場合は、十分休養を取り体調を整えてください。
また、風邪や胃炎、腸炎、虫歯、蓄膿症、ピロリ菌感染症がある場合は、それらを治療することが優先となります。

 

Q蕁麻疹が命に関わることはありますか?

Aそれほど多くはないのですが、食べ物、薬剤、はち刺されによる蕁麻疹の場合は、アナフィラキシーショックという急激な血圧低下や意識障害を起こし、命にかかわるものがあります。蕁麻疹が出て、息が苦しくなってきた、のどの奥がイガイガしてきた、目が回ってきたなどの症状があれば、アナフィラキシーの前兆である場合があるので、即座に医療機関に受診する必要があります.

 

Q寒冷蕁麻疹とは何ですか?

A寒冷蕁麻疹は冷水や寒風などの寒冷刺激によって起こる蕁麻疹の一種です.冷気、雨、雪、水浴、冷たい食材、飲み物によっても発症します.
物理性蕁麻疹の中で比較的多いものです。中高年の方の寒冷蕁麻疹の中には膠原病、悪性腫瘍、肝炎、梅毒などが背景に隠れている可能性もありますので注意が必要です.

採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック