HOME > 病気から選ぶ > 接触皮膚炎(かぶれ)
pagetop

接触皮膚炎(かぶれ)

かぶれは大きく刺激性接触皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎に分かれます。

刺激性接触皮膚炎は洗剤、せっけん、化学薬品、繊維などが原因で起こる炎症反応のことで、主婦湿疹がその代表です。
お子様の場合はよだれ、食物などが原因となることもあります。

かぶれ0001かぶれ写真20002
 

治療

原因となる刺激を避けることが重要です。
ステロイド外用薬、保湿剤を塗布します。
皮膚の保護クリームを瀕回に付ける事も有効です。

 

アレルギー性接触皮膚炎

皮膚に侵入した化学物質をT細胞と呼ばれる細胞が遅延型アレルギー反応によって排除しようとして起こる炎症反応です

金属(ネックレス、指輪、ピアス、ウィック、皮革製品をなめすために使われるクロム)、ゴム、香料、保存料、漆やマンゴーなどが原因となる事があります。
原因物質として特に有名なものは
◆ニッケル
◆コバルト
◆クロム
◆水銀
◆漆
◆チメロサール
◆PPD
◆香料
◆フラジオマイシン
◆ホルマリン
◆松脂
があります。

 

検査

パッチテストにて原因を突き止めます。

 

治療

原因となっている物質の接触を避けます。
ステロイド外用を行います。

採用情報
採用情報
医師 看護師
スマホで診療!!当院では「遠隔診察 ポケットドクター」をご利用頂けます

※新座院のみ※

  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック