HOME > 病気から選ぶ > 薄毛、脱毛症のお悩み > フィナステリドとデュタステリドの副作用
pagetop

フィナステリド(プロペシア)とデュタステリド(ザガーロ)の副作用

フィナステリド(プロペシア)、デュタステリド(ザガーロ)という両方の薬剤は、テストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)へ変換する経路をブロックします。従って、血清DHT値が変わるため、ほぼ同じ副作用が見られます。
大きく分けて、性的、精神的、物理的、その他、起こりうる副作用があります。

性的な副作用

性欲減退、勃起不全、射精障害など。陰茎収縮および感覚変化、並びに陰嚢収縮および感覚の変化も報告されています。

精神的な副作用

現在では、プラセボ(偽薬)より精神的な副作用がある、というエビデンスはありません。

物理的な副作用

女性化乳房、乳房組織の拡大は、フィナステリド治療を受ける男性で報告された副作用です。男性乳癌はフィナステリド(5mg)を、女性化乳房はフィナステリド(1mgと5mg)およびデュタステリド(0.5mg)を用いた場合に注目されていましたが、いずれも偽薬でも報告されており因果関係は不明です。

その他の副作用

いくつかの研究では、AGAのためフィナステリドを投与した男性の疲労、無気力、だるさの報告の報告あります。フィナステリドとの因果関係は不明です。

また別の研究によると、皮膚の変化、最も一般的なものとしては乾燥肌が見られてきました。DHTは皮脂の産生を刺激することが知られており、フィナステリドは血清DHT値を下げるため、それにより皮脂の産生が落ちると、乾燥肌を引き起こす可能性がありますが、因果関係は不明です。

採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック