pagetop

静脈湖とは

静脈湖(VL)は、線維組織の厚い壁に囲まれた拡張した薄い静脈で構成されています。ビーンとウォルシュによって1956年に初めて記載された、良性の血管奇形で、真皮乳頭層に存在します。静脈湖は、臨床的に柔らかい、圧縮性の丘疹として存在します。濃い青色からスミレ色で直径の2~10ミリメートルの大きさです。組織学では頻繁に、崩壊した結合組織の内部に1つ以上の相互に連続した静脈拡張が見られます。これは、血管の結合組織と真皮弾性組織への太陽光(紫外線)の損傷の結果として静脈湖が作られるのではないか、と仮設されています。高齢患者では静脈湖は頻繁に観察され、これらの病変は典型的には唇に見られますが、顔、首、耳介など直射日光に当たる領域で発生する傾向があります。

静脈湖はまた、口腔粘膜に形成されます。最も一般的に舌の腹側表面だけでなく、頬の裏の粘膜にも影響を与えます。暗い色と球状により、静脈湖は(素人の方には)臨床的に悪性黒色腫に似た見た目です。患者様を必要以上に心配にさせてしまうこともあります。ある状況では、唇の周囲と口腔内の病変は、その機能を妨害するほどの大きさになる場合があり、結果として、除去が必要となります。

組織学

静脈湖、ビーン・ウォルシュ血管腫としても知られている。最初に1956年に ビーンとウォルシュによって記載されました。彼らはまた、直射日光に当たる肌および特に高齢患者の耳の圧縮性と傾向を指摘しました。静脈湖は基本的に後天的な血管拡張のによるものです。正確な原因は不明です。しかしこれは、真皮の拡張につながる、直射日光への露出に関連付けられていると考えられています。静脈湖は大人の患者でのみ報告されており、通常50歳以上で見られることが多いです。静脈湖のため病院を訪れる方の平均年齢は65年であると報告されています。

静脈湖は完全に良性ですが、黒色腫と基底細胞癌といった悪性病変にぱっと見似ているために重要です。静脈湖の世界的な発生率は不明であるが、これらは一般的であると考えられています。静脈湖の人種的傾向は記載されていません。静脈湖の予後は良好です。静脈湖は自然治癒しないが、静脈湖は、皮膚癌などのより深刻なものに進化ませんので、一旦は安心していただいていいかと思います。静脈湖による死亡率は報告されていません。すなわち静脈湖で命を落とすということはありません。静脈湖は、通常無症状ですが、痛み、敏感さ、および過度の出血という症状は、病変が大きい場合に発生することが静脈湖は生物学的に無害と考えていいでしょう。通常、直径1cm以内の、柔らかく、圧縮性、暗青色またはスミレ色の疹 (わずかに隆起した病変)が見られます。静脈湖は、通常、表面は滑らかで、境界がはっきりしています。圧迫すれば血中含有の流出を引き起こししぼみます。静脈湖は、通常顔と首といった直射日光への露出面、耳介の露光部に分布しています。下口唇に最もよく見れられます。時には、一人にいくつかもの病変が見られます。周囲の皮膚は、紫外線のダメージが見られることが多いです。
静脈湖の発症に関しては2つの主要な理論が提案されています。最初は、血管外組織と皮膚弾性組織の長期的な太陽光の損傷により表面的な静脈構造の拡張を招いてしまうというもの。第2の理論は、静脈湖の発症が血管の血栓症に由来するものではないかというものです。血栓症は、一般的にこのタイプの病変に存在しますが現状では、血栓症がこれらの疾患を原因なのか結果なのかは不明です。

鑑別診断は次のように記述されています。
  • ・角化血管腫 ( angiokeratoma )
  • ・基底細胞癌
  • ・青色母斑
  • ・チェリー血管腫(チェリースポット)
  • ・悪性黒色腫
  • ・カポジ肉腫の皮膚症状
  • ・化膿性肉芽腫 (血管拡張性肉芽種)
  • ・黒子 ( Lentigo )
  • ・メラノサイト母斑

治療法

静脈湖は非増殖性血管病変であり、つけ薬や飲み薬では治療ができません。通常、治療は美容の理由や再発性の出血を軽減するために行われます。外科的切除は、診断の確認や静脈湖の除去に有用です。包括的な比較試験は治療の性質上困難ですが、複数の症例の報告によると、静脈湖を治療するための様々の方法が考案され、成功しています。
これらは以下を含みます。
  • ・外科的切除
  • ・冷凍凝固術
  • ・赤外線凝固
  • ・アルゴンレーザー
  • ・超短パルス光
  • ・パルス色素レーザー
  • ・Nd:YAGレーザー
  • ・二酸化炭素レーザー
  • ・硬化剤注入法

外科的切除

外科的切除は、再発率が最も低い治療法です。外科的切除のディメリットとしては、多くの場合、術後の痛みがあること、ダウンタイムが比較的長いこと、費用負担の大きいということです。

冷凍凝固術

冷凍凝固術は麻酔は通常必要ではありません。また、この処置は結果として、治療により傷跡ができてしまうことはほとんどありません。しかし、過凍結は、該当部位の処置後の浮腫、 水疱(ブラ)、びらんなどによる潜在的な合併症リスクがあります。ここで注意しなければいけないのは、欧米の冷凍凝固術は日本のそれに比べてはるかに強力である、ということです。欧米レベルの冷凍凝固術を日本人に適応すると色素沈着、瘢痕化、といった長期的なリスクが相当あります。

赤外線凝固

赤外線凝固療法の主な利点は、赤外線凝固は「接触凝固」として知られているプロセスによって静脈湖を治療する特有の能力です。この技術では、凝固が行われる前に病変が圧縮され、血液を空にする。それによって傷の形成を防止し、治療の管理と精度を向上させます。また血管を凝固するために必要なエネルギーを最小限にします。最近のエビデンスでは、静脈湖治療において最小限の副作用と簡単かつ迅速な治療モダリティとして赤外線凝固を最も強く支持しています。痛み止めの麻酔が必要ない、という点が赤外線凝固の最大のメリットの一つです。

レーザー治療

レーザーは、静脈湖治療の安全で効果的な方法で、現在、静脈湖治療の主流といっていいでしょう。選択的光熱理論を用いて、皮膚レーザー医は、効果的に可視光レーザーなどを使用し、静脈湖の治療に当たります。レーザー治療は患者様の整容面を改善し、再発出血を防ぐのに役立ちます。この技術は、手術切除に比べて、痛みが少なく、および回復時間が短いというメリットがあります。両者とも再発率は低いです。報告では、静脈湖の大きさ、使用するレーザーの種類により、最適なレーザーパラメーターは異なってきます。
一般的に、長波レーザーであるほど、より深い浸透を可能にし血管病変をより適切に除去できます。
一方で、パルス幅が長いほど、必要なフルエンスを最小限に抑えることができ、患者さまの痛みを軽減できます。したがって、静脈湖の除去を望む患者様のための治療として、ロングパルスNd:YAG(1064-nm)のような、より深く貫通するレーザー推奨されています。複数の研究で、これらは、低侵襲、高速、傷跡の形成を最小限し、効果を達成する一回の治療だけで十分と報告されています。しかしながら、それでも患者様には治療後の瘢痕化のリスクが残っていることは知っておいたほうがいいでしょう。

アルゴンレーザー

アルゴンレーザーおよび赤外線凝固の使用は痂皮形成しそれが改善するまで10~14日間を必要とします。アルゴンとダイオードレーザーは、より強力で長持ちするパルスを放出することが可能ですが、一方でこれらはNd:YAGレーザーほど熱が深部に広がりません。したがって、表面の熱傷リスクが高く治療後の組織損傷の可能性を高めます。さらに瘢痕形成のリスクが高いため現在ではほとんど使用されていません。

PDL(パルス色素レーザー)

慎重に選ばれた波長、パルス幅および線量のPDL(パルス色素レーザー)は選択的に血管を破壊し、周囲の健康な皮膚への傷害を最小にします。多くの治療法は、静脈湖を無くすために、このレーザーで必要な場合があります。瘢痕はこのレーザーによく見られるものには思えないが、出血は、静脈湖の治療後に発生する可能性があります。PDL(パルス色素レーザー)は複数の連なった脈拍が付いている静脈湖(一般的には治療が難しいとされている)の治療にも用いることができます。しかし、いくつかの研究ではPDLでは、完全にすべての血管を閉じるには、生成される熱エネルギーが不十分である可能性があると報告されています。

■Nd:YAGレーザーとPDL(パルス色素レーザー)
複数波長レーザー療法は595-nmのPDLと1064 nmのNd:YAGの順次放出を結合し、治療に必要なパルス持続時間と線量(フルエンス)を最小化し、患者さまの快適性を向上させます。
この技術は、静脈湖を効率よく凝固させ、治療後の紫斑病を減少させながら、深いレーザーの浸透を可能にします。
複数波長レーザー治療は、静脈湖ののための有望な治療を提供しているオプションです。

Nd:YAGレーザー

ロングパルスNd:YAGレーザーは唇および頬の静脈湖のための有効な処置です。1064-nmのような長波長を利用したNd:YAGレーザーは、深部にまで到達する性質があるため、形状的により深く、より厚く、より多くの結節からなる静脈湖の治療のために必要です。ロングパルスNd:YAGレーザーを用いた静脈湖の治療に関しては1回の治療で94%のクリアランスが報告されています。
ロングパルスNd:YAGレーザーによる治療がうまくいったかの判定は、病変の硬化、病変中央の黒色変形、周囲のホワイトニング、ほとんどの場合、破裂音によって行われます。全体的に、Nd:YAGレーザーは、(下記の)PDL治療よりも安全域が高いことがわかっています。

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは、効果が高くかつ安全な方法です。病変の解決は、一度の治療で病変が消失すると報告されています。

多重波長レーザー

また、多重波長レーザー (595 nm; 1064 nm) は安全で、速く、有効な選択として報告されています。

他のレーザー

他の可視光レーザーは、銅蒸気、クリプトン、およびカリウム-バリウムチタニル-リン酸(KTP)レーザーなどの連続波レーザー。これらのレーザーは、パルス色素レーザーと比較して瘢痕のリスクがわずかに高くあえて使用するメリットはないかと思われます。

硬化剤注入法

硬化剤注入法は、比較的少ない副作用で簡単かつ安価ではあるが、効果的な結果を作り出すためになんども治療を行う必要があります。全体的に、この技術は長時間を要し、不快感を引き起こす、そして成功度のばらつきがあると報告されています。レーザー治療が発展している今、あえて硬化剤注入法を選択するメリットは乏しいでしょう。
冷凍凝固術、電気メス、硬化剤治療は、すべての静脈湖の治療において成功が報告されています。これらのアプローチはすべて経済的であるが、複数回の治療が必要になる場合があります。静脈湖の治療は、腫れ、痛み、治療領域のテクスチャの変化と瘢痕、術後出血が長引く可能性があります。

まとめ

静脈湖の治療は熟練した皮膚外科医にとっては難しいものではありません。
現在日本では保険適応のある外科的切除術、もしくは炭酸ガスレーザーによる治療がメインとなるでしょう。
どうしても瘢痕化のリスクを最小限にしたい場合は、PDLかNd:YAGレーザーを使うことになりますでしょうが、保険適応外となります。

採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック