HOME > 病気から選ぶ > 脂腺増殖症
pagetop

脂腺増殖症とは

脂腺増殖症はいわゆる “ありふれた疾患” の一つで、中年から高齢者の顔に多く見られます。
中年以降であれば、10~30%ほどの方に見られます。(図)

口唇によくできる白いプツプツ、いわゆる “Fordyce spots” も脂腺増殖症の仲間です。
本疾患は脂腺の過形成が原因で、皮膚腫瘍ではありません。
やや男性に多く見られます。皮脂の多い人によく見られると言われています。

症状

顔、特に額、鼻周囲、頬などに1−5mm程度の黄色からやや白色のやや扁平な結節として見られます。
中心がくぼんでいたり、表面に血管拡張が見られたりもします。
中年以降の男性に多いのですが、女性にもよく見られます。
新生児に見られることもあります。
集簇することは少なくバラバラに散在していることが特徴です。
放っておいても特に問題ありませんが、美容の面で問題になることがあります。

治療法

炭酸ガスレーザーにより治療します。
脂腺増殖症は表面の盛り上がりを焼灼するだけでは不十分で、原因となっている脂腺をきちんと取らなければいけません。多くの施設で取り残しやすぐに再発してしまうというトラブルが見られているようです。
当院では脂腺増殖症の深さ、病態を十分に理解した医師が適切な治療を行います。もし再発した場合は無料にて治療致します。

治療料金

1箇所当たり
3mm以下の場合10000円
3.1mm−5mmの場合15000円
5.1mm以上の場合20000円

採用情報
採用情報
医師 看護師
スマホで診療!!当院では「遠隔診察 ポケットドクター」をご利用頂けます

※新座院のみ※

  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック