HOME > ブログ > にきび > 標準的な治療に反応しにくいニキビ
pagetop

標準的な治療に反応しにくいニキビ

 現在、ほとんどのニキビは保険適応内の標準治療(抗生剤外用、内服、アダパレン外用、漢方薬など)で、十分な効果が得られるということを書かせていただきました。当院でもおそらく9割以上の患者様は標準治療で十分な効果が得られていると考えております。
 しかし、まれに標準治療だけでは十分な効果が得られない患者様もおられます。
 一つは若い男性に多い、集簇性ざ瘡と呼ばれる重症型のニキビで、顔面、胸などに比較的大きな膿疱が固まってでき、一部ケロイド化することもあります。ニキビというよりも慢性膿皮症の一種と考えたほうが良いのではないかという意見もあります。集簇性ざ瘡の患者様は標準治療だけでは反応せず、標準治療に加え、ステロイド内服、DDS(もともとハンセン病の治療薬として開発されるも、その高い抗炎症作用のため難治性皮膚疾患に応用されている)などを処方させていただきます。ケロイド化を伴うニキビ跡になることが多く、その治療はステロイド局注などを行います。米国ではイソトレチノイン(経口レチノイド)内服とステロイド内服を組み合わせて行います。
 もう一つは、大人の女性のニキビで、アンドロゲンというホルモンの影響が強いとされるニキビです。25歳以上になって増悪し、脂性肌で、下顎を中心にニキビが出来、月経前に増悪するといった特徴があります。日本ではホルモン治療の保険適応が通っていないため、少し治療に難渋することがあります。仕事によるストレスが原因となっていることが多く、ストレスをマネジメントすることが治療の一環となります。月経不順や、多毛、卵巣嚢腫がある場合は、婦人科の医師と相談しながら治療を進めさせていただくとこもあります。

ニキビについてもっと知りたい方はこちらをご参照ください。

理事長ブログ | にきび | comments(0) | trackbaks(0)

新しいレーザーと従来のQスイッチアレックスレーザーの使い分け

 以前、ブログで書かせていいただいたように新しいレーザー(サイノシュア社エリート)を納入させていただきました。
 複合機のためシミの治療にも使えるので、以前から使っているQスイッチアレックスレーザー(キャンデラ社)は必要ないのでは?と思われる方がおられるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
 やはりシミを完全にとりきって、再発させない為には、Qスイッチアレックスレーザー(以下Qスイッチと呼びます)が必要なのです。ではQスイッチだけでいいかというと、そうもいきません。Qスイッチは一瞬にかかるエネルギーが強すぎて時に炎症後色素沈着という別のシミができてしまうことがあるためです。炎症後色素沈着は3~6ヶ月程度で大部分消失しますが、やはりその間はがっかりされる患者様が多いのです。またQスイッチはレーザー照射後7日~10日間は照射部に紫外線を当てないように細心の注意しなければなりません。以上より、Qスイッチを顔面全体に充てるのは少しリスクが高く、生活スタイルによっては困難と感じる患者様もいらっしゃると思います。
 逆にエリートによる治療では、シミを取りきる、という点ではQスイッチに及びませんが、炎症後色素沈着のリスクを下げダウンタイムが無いように治療を行うことができる点や、シミだけでなく毛穴や小じわ、赤ら顔等にも対応できるという点が優れています。
 以上よりどちらのほうが優れているということは困難で、患者様の生活スタイルや、どのような結果を求めているかによって、使い分けていくのがベストということになります。

シミについて詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

理事長ブログ | 診療 しみ | comments(0) | trackbaks(0)

金環日食を観察しました!

 東京では午前7時31分から金環日食がみられるとのことでしたが、その時間は通常なら電車に乗っている時間帯なので、一本電車を送らせて、雲の切れ目から金環日食をほんの一瞬だけ見ることができました。一瞬とはいえとても幻想的で心に残るものでした。おそらくもう二度と見られないものでしょう。
 何でこの忙しい時間に、と思われた方も多いかもしれませんが、私はこのあわただしい時間に見れてかえって良かった、という気がします。一瞬にして過ぎ去ってしまものは、あわただしい日常生活に身を置いていたほうがかえって、その一瞬を鮮明に感じるのではないかと思われるからです。
 私は花見などでも、気合を入れて有名な花見スポットに見に行った時よりも、歩いているときに何となく見上げた一本の桜の方が強く印象に残ったりもします。遠出して海に遊びに行った時よりも、夕立の後に職場から出て、土のにおいと湿気のまざった蒸し暑い空気を吸った時の方が夏を強く感じることもあります。もしかすると、あまり遊ぶ時間のない人間の負け惜しみかもしれませんが。
 今日も無事診察が終わってよかったです。ブログを読んでいただいて、ありがとうございました。

理事長ブログ | 日常生活 | comments(0) | trackbaks(0)

サイノシュア社エリート(複合型レーザー)を納入しました。

サイノシュア社エリート(複合型レーザー)を納入しました。
そのことにより
脱毛
レーザーフェイシャル(すくみ、小じわ、赤ら顔、毛穴など)
レーザーリフト(たるみ)
血管拡張
ニキビ跡

の治療に対応することができるようになりました。
すべて保険外診療となりますが、リーズナブルな価格に設定させていただきました。
お困りの方はお役立てください。

理事長ブログ | クリニック情報 | comments(0) | trackbaks(0)

外用薬基剤による皮膚刺激性の違い

普段のスキンケアで使う基礎化粧品や、皮膚科でお出しする外用薬は、
①軟膏(ワセリンなど)
②コールドクリーム基剤
③バニシングクリーム基剤
④乳液タイプのローション基剤
⑤透明な液状を呈するソリューション基剤
などに分かれますが、それぞれ皮膚に対する刺激性が異なります。
一般的に刺激の少ない順に①、②、③、④、⑤となっております。
化粧水や美容液などは⑤に分類されることが多いと思われますが、それなりに刺激が強いということは知っておいたほうがいいように感じます。
皮膚にトラブルがない場合は、それらのものを使っても全く問題ないのですが、皮膚があれている場合、湿疹がある場合は、それらのものを塗るとヒリヒリと痛みを感じてしまうかもしれません。
特に化粧水は非常に安全性の高いもの、という印象が強いようで皮膚にトラブルを抱えている場合もとりあえず化粧水を付ける、という方が多いのですが、実はそれほど得策ではなく、むしろワセリンなどの軟膏の方が安全に使える場合が多いのです。

理事長ブログ | 診療 基礎化粧品 | comments(0) | trackbaks(0)
採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック