HOME > ブログ > 日常生活 > 高円寺阿波踊り
pagetop

高円寺阿波踊り

本日は私の住んでいる高円寺の阿波踊りがありました。
商店街のほとんどの店で、露店が出ており、街全体が熱気に満ちています。すごい人出で、なかなか前に進むこともできません。
阿波踊りを見ながら、お好み焼きなど食べていると童心に戻り楽しい気分になります。昔、夏祭りなどは特別なイベント、という印象を持っていたのですが、地元で味わえることが不思議なように感じます。もっとも、私が幼いころに行っていた夏祭りは、小さな町の神社で行われる小規模なものでした。
気が付くともう夏も終わりに近づいています。8月末になると少しさみしい気分になるのは、学生の時の名残かもしれません。

理事長ブログ | 日常生活 | comments(0) | trackbaks(0)

とびひにご注意ください。

 とびひの患者様が急増しております。
 昨日一日だけでも30名近いとびひの患者様がご来院されました。
 とびひは水疱性膿痂疹と非水疱性膿痂疹に分かれますが、いずれも患者様も、起炎菌のほとんどは黄色ブドウ球菌です。(非水疱性膿痂疹は溶連菌を起炎菌とすることが多いとする説もありますが、本邦の他の報告同様、当院でも起炎菌はほとんど黄色ブドウ球菌です)。
 黄色ブドウ球菌のうち、大部分の抗生剤がきかないMRSAという菌が有名で特に注意が必要ですが、今のところMRSAを検出することはそれほど多くはありません。ただし、とびひになる前に、夏風邪などで抗生剤を長く飲んでいた、というお子様では、MRSAを検出する可能性が高くなっております。おそらく抗生剤を飲んでいるうちに、鼻腔や表皮に常在する黄色ブドウ球菌が耐性化するのでしょう。やはり不用意な抗生剤の使用は慎まなければなりません。
 現時点では、とびひのオーソドックスな治療
①まずはセフェム系抗生剤の内服と、ニューキノロン系外用薬(もしくはステロイド外用薬)による治療を行う。
②効かない場合は内服薬を、ホスホマイシンという抗生剤に切り替える。
 
で効かなかった患者様はおらず、治療に難渋することはほとんどないのですが、今後も耐性菌には十分注意していくつもりです。

理事長ブログ | 診療 | comments(0) | trackbaks(0)

明日から診療を再開します。

 8月10日~16日まで長い夏休みをいただいておりましたが、いよいよ明日より診療を再開いたします。
 本日は、クリニックの掃除をしたり、皮膚科関連の学会誌や成書を読んで過ごしました。
 スタッフ一同リフレッシュし、今まで以上に一生懸命、皮膚科診療を行う所存ですので何卒よろしくお願いいたします。

理事長ブログ | 未分類 | comments(0) | trackbaks(0)

夏休み

 8月10日~16日まで夏季休暇をいただいております。患者様にはご迷惑をおかけして本当に申し訳ありません。17日からは今まで以上に一生懸命、診療に励みたいと思います。
 私も今年は海に行ってまいりました。
 日焼けには十分注意していたつもりですが、かなり焼けてしまいました。普段、日に焼かないようにとご指導させていただいているのですが、非常に恥ずかしい状況となってしまいました。
 せっかくなので、日に焼けた状況でも安全にレーザーを当てられるかどうか、を自分の体を使っていろいろ条件を変えてとテストしてみました。本来、日焼けした直後の皮膚は、レーザー照射に向いていません。日焼けした直後の皮膚では、もともと皮膚に炎症が起こっているためレーザー照射により炎症が増強され、思わぬ赤み、腫れ、痛みが強く出ることがあるからです。また日焼けした皮膚ではメラノサイトが活性化しているため、炎症後色素沈着が非常に起こりやすくなっているからでもあります。だからと言って弱くレーザーを打つと今度は十分な効果が得られなくなります。そのため当院でも日焼けをした患者様には1~2ヶ月、レーザー照射を待っていただくようにしております。
 しかし外国から来られている患者様などで、日焼けしている状況で、どうしてもすぐにレーザーを照射してほしいといったニーズがあるのも事実なのです。
 その場合、今回の私自身へのテスト照射は良いサンプルになるかもしれません。
 海の写真です。サーフボードを持っていますが、ほとんどサーフィンはできません。
 

理事長ブログ | 日常生活 | comments(0) | trackbaks(0)

サリチル酸マクロゴールとグリコール酸ピーリングの比較

 当院ではサリチル酸マクロゴールと、グリコール酸によるピーリングを行っていますが、その違いについて述べておきたいと思います。
 サリチル酸マクロゴールは注目のピール剤で、グリコール酸と比べて、刺激が少なく、月1回のピーリングでいいというメリットがあります。ニキビ、小じわ、皮膚のくすみの治療に優れた効果を発揮します。
 もともとサリチル酸のピーリングはあったものの、痛みがきわめて強く、なかなか実用に向かなかったものを、マクロゴールという基材に溶かし、刺激をほとんどなくしたものがサリチル酸マクロゴールです。
グリコール酸との比較

  サリチル酸マクロゴール グリコール酸
通院 月1回 2週間に1度
副作用 ほぼなし 灼熱痛、紅斑、びらん、痂皮

落屑
術直後の化粧 可能 可能
ニキビ菌に対する効果 はっきりしない 殺菌作用
角質に対する作用 角質を均一に整える

(皮膚のざらつきに効果)
角質の結合を弱める

(それゆえニキビに効果)
費用 1回8000円 1回4000円
 以上より、月1回しか通えない方、肌をすべすべにした方、副作用を絶対に起こしたくない方にはサリチル酸マクロゴールの方には向いていると考えております。一方、ニキビをとにかく早く良くしたい方はグリコール酸の方がいいと思います。

ニキビについてもっと知りたい方はこちらをご参照ください。

理事長ブログ | しわ にきび | comments(0) | trackbaks(0)
採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック