HOME > ブログ > かゆみ > 湿疹と蕁麻疹の違い
pagetop

湿疹と蕁麻疹の違い

湿疹と蕁麻疹は何が違うのか?というご質問をいただきましたのでお答えしたいと思います.あまり厳密に書いてもかえって分かりにくくなりますので、このたびはざっくりと書かせていただきたいと存じます.
湿疹と蕁麻疹はどちらも皮膚が赤くなって痒くなる病気ですが、蕁麻疹は突然、急に痒くなることが多いです。○日○時に急に痒くなった、ということを思い出すことが出来ることが多いほどです.それに対して湿疹は徐々に進行していきますので、いつ頃発症したか思い出せないことが多いです。蕁麻疹は全身のあちこちに症状が出ては消えるのに対して、湿疹の場合は発症した特定の位置に症状が続きます.
また蕁麻疹は数時間以内に一旦消えてしまうことが多いのに対し、湿疹は数日から数時間続くことが多いです.
湿疹の場合は皮膚の表面がカサカサざらざらし、赤いぽちぽちがあったり、良く見ると水疱が出来ていたりする場合があります.治った後は色素沈着になることがあります。蕁麻疹の場合ですと、「蚊に刺された」様なぷくっと盛り上がった発疹となり、数時間後に消えた後は特に色素沈着を残すことはありません。
湿疹(左)と蕁麻疹(右)の写真です.

理事長ブログ | かゆみ | comments(0) | trackbaks(0)

皮膚がんにご注意ください。

年が明けて以来、既に数例の皮膚がんの診断、手術を担当させていただいております。
もともと本邦においては皮膚がんは少なく、増加傾向にある訳ではないですので、たまたま当院に集中してしまっているだけとは思いますが、少し注意が必要と思われます.
皮膚がんと効くと、黒い塊の様なもの、という風に思い込んでいると、発見が遅れることがありますので特に注意が必要に思われます。
基底細胞がんの表在型や、ボーエン病など、赤っぽい、一見すると湿疹のように見える皮膚がん(前癌病変)はたくさんあります.
以下に、他のサイトよりお借りした基底細胞がんの写真を貼付しておきます.
一見すると湿疹のように見えますが基底細胞がんなのです。

理事長ブログ | 未分類 | comments(0) | trackbaks(0)

ニキビ痕(特にクレーター)のレーザー治療

ニキビ痕のクレーターというのは、気にされている方が多いかと存じますが、あまり有効な治療法がなく、お困りの方が多いようです.
クレーターというのは瘢痕の一種ですので、完全に治療を行うことは困難ですが、ある程度改善させることは可能です.

当院ではNd:YAGレーザーを使った治療を行っております(ご料金はレーザーフェイシャルと同じです)。.
クレーターそのものはそれほど良くなった訳ではないのですが、クレーターの底が盛り上がり、さらにクレーターの辺縁が滑らかになり盛り上げることでかなり目立たなくなります.


またNd:YAGレーザーはニキビ痕の赤みにも非常に効果的ですので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
モニターの方の治療前、治療後の写真となります.

理事長ブログ | にきび | comments(0) | trackbaks(0)

12月の手術実績

恒例ですので2013年12月の手術実績を報告させていただきます.
粉瘤135件
ほくろ(保険適応のみ)62件
ケロイド3件
皮膚線維腫4件
軟性線維腫4件
脂肪腫5件
眼瞼黄色腫2件
石灰化上皮腫3件
陥入爪手術4件
など、計281件でした。

大きなトラブルもなく2013年を終了することが出来ました。

今年に入ってからも多くの皮膚腫瘍でお悩みの患者様にご来院いただいております.
お困りの方がおられましたらお気軽にご相談くださいませ。

理事長ブログ | 診療 ケロイド ほくろ 粉瘤 | comments(0) | trackbaks(0)

沖縄で過ごして参りました!

年末年始は寒さを避け、沖縄でのんびりと過ごしてきました。

沖縄のゆったりした雰囲気が大好きです.
12月でもビーチでのんびり過ごすことが出来ます!

何気なく入った店の料理もとてもおいしいです。

特にどこに行ったという訳ではないのですが、大いにリフレッシュすることで出来ました!

理事長ブログ | 未分類 | comments(0) | trackbaks(0)
採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック