HOME > ブログ > 粉瘤 > 粉瘤の手術の
pagetop

粉瘤の手術の

当院では月に100例を超える粉瘤の手術を行っておりますが、さらに傷を小さくする方法が可能となりましたので報告させていただきます。
これまで粉瘤の臍抜き法(くり抜き法)では3mm、4mm、5mmの皮膚パンチを使って手術を行っていたのですが、スタッフが2mmパンチを探してきてくれたので、2mmの臍抜き法が可能となりました。
2mmの臍抜き法を行った場合は、ニキビ痕か場合によってはそれよりも目立たない傷になるかと思われます。顔の比較的小型の粉瘤が適応となります。

理事長ブログ | 粉瘤 | comments(0) | trackbaks(0)

炭酸ガスレーザー後の赤みの治療

炭酸ガスレーザーはホクロやいぼなどを切除する際に良く使われるレーザーですが、治療後に赤みが長期間残ってしまうことがあるという問題があったのですが、これからはその心配も軽減されそうです.
炭酸ガスレーザーによる治療後の赤みが半年以上続いていた患者様ですが、アイコンによるIPL治療後、一週間で大幅に改善が見られています.

理事長ブログ | ケロイド | comments(0) | trackbaks(0)

赤ら顔の原因

赤ら顔でお悩みの方は多いかと思いますが、その原因として
・湿疹
・花粉症皮膚炎(花粉かぶれ)
・化粧品かぶれ
・ニキビ痕の赤み
・光線過敏症
・酒さ
・脂漏性皮膚炎

など様々なものがありますが、数年以上繰り返しており、火照りやすく、化粧品など何を付けても刺激を感じてしまう、という方は酒さを疑っていいと思います。
酒さの方は皮膚が非常に敏感になっていますので、どんな化粧品を付けても刺激を感じてしまいますので、化粧品かぶれと間違えられやすく、また紫外線により増悪しますので、光線過敏症と間違えられがちです。

赤ら顔でお悩みでなかなかよくならないという方は一度ご相談いただきたいと思います。

理事長ブログ | 酒さ | comments(0) | trackbaks(0)

日本臨床皮膚科医会の学術大会に来ています

本日は、日本臨床皮膚科医会の学術大会に来ています。
名前の通り臨床に役に立つ情報がたくさんあり非常に勉強になります。

食物アレルギーの方でも食べやすいケーキが展示されていました。
お子様の食物アレルギーの原因になりやすい卵、ミルク、小麦が使われていないそうです。
見た目は普通のケーキと変わりなく、味もとてもおいしかったです。
このような食べ物が今後増える事を期待したいと思います。

理事長ブログ | 未分類 | comments(0) | trackbaks(0)

レーザー治療とフォト治療の違い

レーザー治療とフォト治療は何が違うのか?といわれると、何となくしか分からない、という方が多いと思いますので、その違いについて少し述べておきたいと思います。
レーザー治療というのはある一定の波長を持つ電磁波(例えばアレキサンドライトレーザーは755nm)のみを照射する治療法で、755nmという波長は比較的黒いものに反応しやすいという特徴を持っていますので、シミや茶あざ、青あざの治療に使われています。波長により赤いものに反応しやすかったり、水に反応しやすかったりしますので、それぞれの特徴を生かして治療に応用されています。。
それに対してフォト治療というのは様々な波長を持つ電磁波をあわせて照射する治療法です。例えば黒いもの、赤いものに反応する電磁波をバランスよく照射する事ができれば、様々な肌の悩みに対応する事ができます。
レーザー治療がシングルモルトウイスキーとすれば、フォト治療はブレンデッドウイスキーという事になります(かえって分かりにくかったらすいません)。

当院に導入しましたアイコンというフォト治療器は下図のように赤み(whole blood)、シミ(pigment)に反応するような波長出るように調整されています。しみはもちろんの事ですが、特に赤みに効果が高いフォト治療器、といえると思います。

理事長ブログ | しみ 酒さ | comments(0) | trackbaks(0)
採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック