HOME > ブログ > スタッフ日記 > 美容機器の勉強会
pagetop

美容機器の勉強会

こんにちは。

新座はなふさ皮膚科助手兼事務の大嶋です。

梅雨も開けいよいよ本格的な夏が到来いたしましたね。きっと皆様もお肌に関して様々なお悩みをお抱えかと思います。

皆様のご相談に的確にお応えすべく、新座院で機械の勉強会をいたしました!

みな真剣に聞いています。。。

新座院では定期的にこのように勉強会を行い知識の共有、獲得を行っておりますのでお気軽にご相談くださいね。

1人でも多くの患者様のお悩みが解消されますように。

image
 

理事長ブログ | スタッフ日記 | comments(0) | trackbaks(0)

女性の薄毛に対するHARG治療の一例

女性の薄毛で御悩みの方も多いかと思いますが、50歳代女性で頭部全体に薄毛が気になるということを訴えご来院された患者様です。
若い頃から薄毛に御悩みで、徐々に薄毛が進行し、頭皮が見えるようになってしまった、とのことです。

通常の治療では良くならないのが明白ですので、HARG療法をご選択されました。HARG治療3回終了後の写真です。かなり毛が増えてこられているのが分かります。後、3回(合計6回)行えばかなりの効果が期待できるのではないかと思います。

理事長ブログ | AGA | comments(0) | trackbaks(0)

フォト治療の実際

フォト(三鷹院、アイコン)後の写真です。
1回治療しただけですが、シミがかなり薄くなっております。
1回の治療だけでも、かなり効果は得られますが、何度か繰り返した方がご満足いただける場合が多いかと思います。

理事長ブログ | しみ | comments(0) | trackbaks(0)

蚊刺過敏症とは

最近、お子様が蚊にさされたところが大きく腫れて驚いたので受診した、という方が増えております。
ほとんどの場合特に心配が必要ないのですが、時に蚊刺過敏症という予後の悪い病気が含まれているので注意が必要です。

蚊刺過敏症というのは、蚊に刺された部位が腫れ、潰瘍が形成され、40度近い発熱や肝障害、リンパ節腫大が見られる疾患です。
EBウイルスというウイルスの感染が蚊刺過敏症の発症に大きな影響を与えているようです。EBウイルスは小児期から思春期にかけて多くの方が感染するありふれたウイルスで、感染しても数週間で治癒するのですが、一部の方では、そのウイルスが体内で再活性化され、持続感染しているようです。そういった方は蚊にささされると蚊刺過敏症を発症する場合があるようです。

蚊刺過敏症の方は将来的に血球貪食症候群や悪性リンパ腫を発症するリスクが高いですので、精密検査が必要となります。

理事長ブログ | 診療 | comments(0) | trackbaks(0)

粉瘤の手術にかかる時間

当法人では先月は一ヶ月に269件の粉瘤手術を担当させていただきましたが、どうしてそんなに手術をできるのか?というご質問をいただきましたので御答えさせていただきたいと思います。

当院では粉瘤は臍抜き法やその応用を用いた手術方法を行っていますので、手術時間そのものが非常に短い、という事が言えると思います。
手術時間が短いと患者様の負担も少ないですし、術後の合併症の可能性も低下します。
もちろん当院の手術方法ですと、傷も最小限ですみます。
3.5cmほどの大きな背部の粉瘤も癒着がなければ2分ほどで切除がすんでおります。
IMG_3916IMG_3923
なお、7月17日より三鷹院午後の通常診療が始まります。ご予約以外の方も気軽にご来院いただきたいと存じます。

理事長ブログ | 粉瘤 皮膚腫瘍 | comments(0) | trackbaks(0)
採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック