HOME > ブログ > スタッフ日記 > 飲む日焼け止め♡ヘリオケア
pagetop

飲む日焼け止め♡ヘリオケア

こんにちは♡
新座はなふさ皮膚科です*\(^o^)/*

桜も開花して一気に暖かくなりましたー
そうなると気になるのが紫外線(T_T)
お肌への悩みは尽きません。。。

当院で人気のフォトフェイシャル。
手のシミでも悩まれてる方が多く腕フォトも人気✨
手はお顔に比べて代謝が遅いので顔ほど効果実感がないのではないかとこの前自分でも体験してみました!
おや?
手が明るくなった感じがします。
嬉しかったのですが、無防備なフォト後の手に容赦無く降り注ぐ紫外線((((;゚Д゚)))))))
お顔は日焼け止めたっぷり塗れますが、手は何度も洗うし塗ったつもりでも落ちてたり、室内でも紫外線は入ってきているのでハラハラしちゃいます((((;゚Д゚)))))))
そんなフォトをされてる方にオススメなのが飲む日焼け止め✨
ヘリオケアです✨

image

あれ?手フォトしたはずなのに手が汚いと思った方…

前はもっと汚かったんです(~_~;)

ヘリオケアとは
内側から紫外線による細胞の損傷を防ぎ、しみやしわなどを予防することが可能です!
せっかくフォトで薄くしたシミ。
またシミになったら本当意味がない(T_T)
紫外線が強くなってくるこれからの時期、ヘリオケアは必需品です。
ヘリオケアは30カプセルで¥5000+税で購入出来ます!
気になった方は新座はなふさ皮膚科まで♡

理事長ブログ | スタッフ日記 | comments(0) | trackbaks(0)

4月から話題の新薬ですが。。。

ニキビ治療の外用薬として4月からBPOゲルが発売されますが、実は何年も前から東南アジアでもコンビニで普通に売られているんですよねえ。マレーシアのコンビニで見かけました。

濃度違いも売られています.

IMG_0187

この辺りに日本の医療の矛盾があるように思われるのですがいかがでしょうか?

理事長ブログ | にきび 未分類 | comments(0) | trackbaks(0)

3/23本日の三鷹院のドクターは寺井医師です

3/23本日の三鷹院ドクターは寺井医師になります。

恐れ入りますが花房医師は終日不在となりますのでよろしくお願いいたします。

理事長ブログ | スタッフ日記 | comments(0) | trackbaks(0)

炎症性粉瘤治療の実際②

頬の炎症性粉瘤の患者様です。4cmほど大きく腫れてしまっています.お顔の症例では特に傷を小さくする必要があります.これまでのように大きく切開するという方法は現在では受け入れられ無いという方も多いのではないでしょうか?
IMG_2432

正確に粉瘤の臍を見つけ、麻酔を行います.
IMG_2438

麻酔が終わればパンチで小さな穴をあけそこから膿を抜き取ります.
IMG_2440

膿を抜き取った後はいよいよ粉瘤の袋を抜き取ります.
IMG_2443

取り残しが無いように慎重に治療を進め、袋を完全に抜き取ります.
IMG_2450

傷の内部を生理食塩水にて洗浄します.
IMG_2458

一週間後、見違えるように炎症(当然痛みも)が引き、傷も小さなものですみました。時間が経てばニキビの跡ほどの傷で収まると思います.
IMG_2648

理事長ブログ | 粉瘤 | comments(0) | trackbaks(0)

炎症性粉瘤の治療の実際①

炎症性粉瘤(粉瘤にばい菌が入って腫れていたくなってしまった状態)の患者様です。
通常であればまずは切開し、炎症が落ち着くのを待ちましょう。そこから手術をしましょうという流れになるであろう患者様です.
IMG_2487

当院ではすぐに臍抜き法(くり抜き法)にて一気に治療することが可能です.
IMG_2489

炎症性粉瘤の膿と粉瘤の袋を抜き取った状態です.
IMG_2493

7日後の状態です。炎症はほぼなくなり、傷も小さくてすんでいます.1ヶ月ほど傷はほとんどわからない程度に落ち着くことが多いです(ニキビの跡程度になることが多いです).
通常の方法ですと3〜5cmほどの大きな傷が残っていたと思われいます.
IMG_2664

理事長ブログ | 粉瘤 | comments(0) | trackbaks(0)
採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック