HOME > ブログ > 未分類 > 美容治療は他人にわかってはいけない!
pagetop

美容治療は他人にわかってはいけない!

美容治療を受ける方が非常に増えてきているのですが、その目的はあくまでも、より魅力的になることです。

決して、シワを取るためでも、シミを取るためでもありません。

シワやたるみを取るために躍起になって、より魅力的になる、という本来の目的を忘れがちな方が多いように思われます。

最近、この手の記事を良く見かけるようになりました。
「3度目の結婚秒読みのブリトニー、顔激変でファンがボトックス使用禁止を懇願」
https://news.walkerplus.com/article/107738/

本当のところは私も分からないのですが、他人から美容治療を受けてるね、とバレバレなのは、キレイとかキレイじゃないとか以前の問題で、好ましくないと言わざる得ないかと思います.

額のボトックスと目尻はかなり慎重に注入しなければ不自然になりますね。

当院では「自然な美しさ」を追求し、その人の本来持っている美しさを引き出す治療を行って参ります.

美しい顔とは?

美しい顔とはどのようなものを指すのか、と聞かれることがあります。美しい顔と言われて思い浮かべる顔は人それぞれでしょう。

例えば、エラが張っている、すなわち顔の下のほうが広がっているより顔の下のほうが細くなっている方が綺麗な顔が作りやすいと考えられています。

以前のブログでもエラ、すなわち咬筋のボトックス治療の重要性は述べさせていただきました。
私も美容治療の中でも最重要なものの一つである、と考えています。

ただし、これは例外が多く、必ず顔の下の方が細くなっている必要はありません。『世界で最も美しい顔100人』を見て、「ほら、みんな顔の下の方が細くなってるでしょ?」と研究会や時に学会などで説明する医師が時々いますが、それはよくある勘違いで、『世界で最も美しい顔100人』は学術的な価値は全くなく、ある個人の主観的な見解にすぎません。もちろん欧米の学会に対する影響力はゼロです。

では、何を参考にしたらいいかというと、美術品や映画スターや流行のモデル、ということになるかと思います。
しかしそれらも絶対的なものではなく、自体によって変わってきますし、個人的な主観によっても変わります。地域によっても変わるでしょう。

思うに、絶対的に美しい顔というのは存在しないものと思われます。

ただある程度の普遍的なものとしては
・シワやたるみ、シミなどがない(少ない)
・左右対称性
といったところでしょうか?
もちろんこれらですら例外はありそうです。

目がぱっちりしている方がいい、というのもあるかと思いますが、そうでなくとも非常に美しい人もいます。

最近の日本における「こういった顔、輪郭が美しい」と決めつけるような風潮はやや危険です。ましてや『世界で最も美しい顔100人』を基準に語っているようではかなり問題があるかと思います。

当院では患者様、一人一人の美しさを最大限に引き出す治療を目指してまいります。

理事長ブログ | クリニック情報 小顔 | comments(0) | trackbaks(0)

ヒアルロン酸を入れたことが分かるようでは「可愛くない」

美容医療におけるヒアルロン酸注射自体は古くから使われているものですが、近年、たるみ治療に用いられることが分かって以来、再度、非常に注目が集まり、先進国ではたるみ治療の第一選択肢となっていると言っても過言ではありません。

しかし、注入しすぎには注意が必要です。
現在、日本では、米国の5年ほど前と同様に、頬骨上に異常なほど注入する治療法が跋扈しています。ネットで調べていただければすぐにわかりますが、米国の映画のスターたちが頬にヒアルロン酸注射をやりすぎで、話題になったことは記憶に新しいかと思います。

それらの反省も踏まえ、最近は、頬をパンパンにしない、ヒアルロン酸注入のテクニックの開発が進んでいます。

一例をお見せしたいと思います。
術前は、目の下のくぼみ、たるみが目立ち、さらに顔全体もたるみ、すごく疲れた印象です。

目の下のたるみなど通常は手術しないと無理、という話になるかと思います。顔全体のたるみに関しても、ヒアルロン酸などのフィラーを頬骨上に入れてパンパンにさせれる症例です。その場合、確かにたるみは良くなりますが、綺麗になることはないでしょう。「ヒアルロン酸注射を入れたな」という違和感出るだけです。

当院では頬骨上になるべく入れない最新の注入法で’自然な’、’かわいらしくなる’注入法を行っています。目の下くぼみ、たるみさらには顔全体のたるみも良くなっていることがお分かり頂けると思います。

理事長ブログ | 未分類 ヒアルロン酸 たるみ | comments(0) | trackbaks(0)

【ボトックスを特にお勧めしたい意外な部位】

ボトックス治療で、特に有名なのが眉間の縦シワや、目尻の笑い皺です。
これらの治療は厚労省の認可も降りており、安全に高い効果が得られるのでお勧めの位置です。
それ以外にも私が、特にお勧めしたいのが、咬筋とオトガイ筋です。
咬筋はいわゆる「エラ」とも呼ばれています。咬筋肥大症といって、咬筋が必要以上に発達している人がいるのですが、これは普通に思っているよりも多く、あまりに多すぎて意識に上らないこともあるくらいです。
海外のドクターとセッションをしている時に、モデルがアジア人の場合は、「何はともあれ咬筋を治療したほうがいいね」となることが非常に多いのです。
これは咬筋にボトックスを注射するだけの簡単な治療なのですが、2週間くらいでエラが小さくなり、顔がすっきりして痩せて見えるだけでなく、顔の下のほうが細くなりますので、美容医学的にも優れた結果になるわけです。それだけでなく歯ぎしりが減ったり、肩こりが減ったりすることもありますので、特にお勧めの治療です。よほど未熟な医師が治療しない限り、副作用はありません。
もう一つは、おとがい部のボトックスです。おとがい部は顎の先の部分で、いわゆる梅干しジワができるところです。ここは無意識のうちにシワができていて、本人が気付いていない、という場合もあります。オトガイ筋の過緊張によるものですが、これが過緊張していると、顎の形が綺麗に見えず、顎へのヒアルロン酸の注入も困難になります。
おとがい部のボトックスは咬筋のボトックスと同様に、非常に簡単で副作用はほとんどありません。オトガイ筋の過緊張を取ると、連動するように口周りの筋肉痛過緊張が取れ、表情、笑顔が全体的に良くなることも多いです。

理事長ブログ | 未分類 しわ ボトックス | comments(0) | trackbaks(0)

ヘリオケアのご案内

こんにちは、三鷹はなふさ皮膚科です。

4月もそろそろ終わり、もう立夏ですね‼️
日差しが強くなり、紫外線対策が必要不可欠となります。

当院のオススメは飲む日焼け止めヘリオケアです。

ヘリオケアは、身体の中から紫外線をカットする飲む日焼け止めです。
日焼け防止効果はもちろんのこ、皮膚を保護しお肌の免疫機能をサポートする
働きもあります。

紫外線を浴びたことによるシミやシワの原因には、繊維芽細胞の損傷、MMP
(マトリックス分解酵素)増加によるコラーゲン減少が挙げられます。
ヘリオケアは、繊維芽細胞のダメージ軽減、MMPの抑制により、肌のコラーゲン
を保護し、シミやシワを軽減させます。

主成分は中央アメリカに生息するシダ植物から抽出されており、その他の成分も含め
、化学製品は一切使用しておりません。
安心して服用頂けます。

🔴 体の内側から紫外線対策したい方。

🔴 紫外線によるシミやシワを防止したい方。

🔴 日焼けによる皮膚のダメージをケアしたい方。


使用方法

🔖日光を浴びる30分前に1カプセル服用して下さい。

🔖長時間日光を浴びる場合は、4時間後に1カプセルを追加で服用して下さい。

🔖サプリメントとして摂取する場合は、毎朝1カプセルを服用して下さい。

料金…1箱30カプセル 5,400円 (消費税込み)

ご興味のある方、ご購入ご希望の方は三鷹はなふさ皮膚科まで
お問い合わせ下さいませ(^_^)







理事長ブログ | 未分類 スタッフ日記 | comments(0) | trackbaks(0)
採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック