HOME > ブログ > 巻き爪 > 巻き爪に合併した陥入爪の治療
pagetop

巻き爪に合併した陥入爪の治療

 巻き爪でお悩みの方のご来院が増えています。
 巻き爪について知りたい方は
http://mitakahifu.com/ingrown/

http://mitakahifu.com/ingrown-nail/
 をご参照ください。
 巻き爪自体は痛みがなければ放置しても構わないと思いますが、巻き爪のため周囲の組織が傷つけられ、時に感染を引き起こす陥入爪になると治療を行わなければいけません。
 最近、2年も陥入爪を繰り返している、3年も陥入爪を繰り返しているという方もしばしばご来院されます。その場合は、あまり保存的に様子を見ずに、フェノール法という根治的手術方法をお勧めすることが多いです。というのも保存的にテーピングやワイヤー、クリッピングなどで治療を行っても結局は再発してしまう可能性が高いでしょうし、何度も通院する時間的な余裕がないという方も多いからです。
 フェノール法というのは、巻いている爪の外側を2mm~4mm程度切除し、フェノールという薬剤で切除した爪の下の爪床、爪母を腐食し、爪が生えてこないようにする方法です。
 フェノール法は慣れれば、フェノールで爪床、爪母を腐食する時間を合わせても10分以内でできますし、患者様もすぐに歩いて帰ることができます。陥入爪の痛みがなくなるため、翌日からむしろ痛みが少なくなったとおっしゃる方が多いのです。
 

理事長ブログ | 巻き爪 | comments(0) | trackbaks(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://mitakahifu.com/treatment-of-ingrouwn-nail/trackback/

コメント

コメントはまだありません
名前:(必須)
メールアドレス:
URL:
コメント:

採用情報
採用情報
医師 看護師
病気から選ぶ
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック