HOME > ブログ > にきび > ニキビ跡治療のまとめ
pagetop

ニキビ跡治療のまとめ

 ニキビ跡でお悩みの方は多いと思いますが、治療メニューがたくさんあり、どうすればいいかわからない、とのご意見をいただきましたので、まとめておきたいと存じます。
 ニキビ跡は、黒ずみ(炎症後色素沈着)、赤み、肥厚性瘢痕(固くなってしまった状態、ケロイド)、陥凹性瘢痕(いわゆるクレーター)などに分類さるかと思いますが、それぞれ、治療法が異なります。ご参考までに治療法を羅列しておきたいと思います。
黒ずみ(炎症後色素沈着)・・・無治療でも半年ほどで軽快します。早く良くしたい方は、ビタミンC内服、トレチノイン、ハイドロキノンの外用療法を行います。
赤み・・・黒ずみと同様に無治療でも半年ほどで軽快します。早く良くしたい方は、Nd YAGレーザーの照射を行います。ケミカルピーリングが効くとの報告もあります。
肥厚性瘢痕、ケロイド・・・ステロイドの局所注射、リザベンの内服などを行います。特にステロイドの局所注射が非常によく効きます。
陥凹性瘢痕・・・ケミカルピーリング、トレチノイン外用、炭酸ガスレーザーによる修正術、Nd YAGレーザー照射を行っています。陥凹が数個しかない場合は炭酸ガスレーザー、広範囲にたくさんある場合は、Nd YAGレーザー照射をお勧めしたいと思います。
 それでは明日よりまたよろしくお願いいたします。

ニキビについてもっと知りたい方はこちらをご参照ください。

理事長ブログ | にきび | comments(0) | trackbaks(0)
病気から選ぶ
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック