HOME > ブログ > アトピー性皮膚炎 > アトピー性皮膚炎におけるプロトピック(タクロリムス)軟膏の使用について
pagetop

アトピー性皮膚炎におけるプロトピック(タクロリムス)軟膏の使用について

 当院におけるプロトピック軟膏処方の方針について少し述べたいと思います。
 プロトピック軟膏はタクロリムスという免疫調整剤が入っており、アトピー性皮膚炎の患者様の湿疹の治療に使われております。
 プロトピック軟膏には0.03%のものと0.1%のものがあり、前者はお子様にも使うことができます。
 ステロイド外用薬と比較した場合の利点と弱点を箇条書きにしたいと思いと思います。
利点
・ステロイド外用薬と違い、皮膚が薄くなりにくい。
・皮膚の血管拡張を来しにくい。
・酒さ様皮膚炎を来しにくい。
弱点
・掻きこわしなどの傷のある部位には使えない。
・それほど効果が強くない。(ステロイドのランクでいうと、中間より少し強い程度と言われています。)
・効いてくるまでに少し時間がかかる。
・使用初期に熱感、ヒリヒリ感が出ることがある。
などがあります。
 上記の利点、弱点を鑑みると、急性増悪している患者様には短期間ステロイドを投与し、ある程度落ち着けば、プロトピック軟膏に切り替えていく方法が合理的と考えます。
 当院でも比較的落ち着いている状態(維持期)の患者様やプロアクティブ療法を行っている患者様にはプロトピック軟膏をお勧めすることが多いです。
 特に顔はステロイド外用薬の副作用が出やすいので、プロトピック軟膏をご処方することが多くなります。

理事長ブログ | アトピー性皮膚炎 | comments(0) | trackbaks(0)

ニキビの保湿について

 肌が乾燥すると皮脂腺が頑張りすぎてニキビが出来やすい、という説がありニキビが出来るといつも以上に頑張って保湿クリームやファンデーションをつける方がおられます。
 その説は面白味があり、一見すると論理的なので、多くの方に知られているようです。さらに言えばコマーシャリズムに合いやすい説だったのかもしれません。
 しかし現実的には乾燥肌のためにニキビになっている方はそれほど多くなく、過度な油分の塗布はニキビを増悪させてしまいます。過度な油分の塗布は、それ自体が毛穴を閉塞させてしまいますし、洗いすぎで毛穴を痛め、ニキビになることもあります。
 ニキビのできている部位には、化粧水、乳液などの軽めに保湿にとどめておいたほうがいい結果になることのほうが多いと思います。
 特に思春期のニキビにはほとんど保湿は必要ないと考えています。

ニキビについてもっと知りたい方はこちらをご参照ください。

理事長ブログ | にきび | comments(0) | trackbaks(0)

酒さ 赤ら顔になる疾患の一つ

 突然ですが、酒さという病気を聞いたことはおありでしょうか?
 顔面の中心部に、赤みが目立ち、アルコールを飲んだり、入浴したりといった少しの刺激でほてりや発赤が増悪します。よく見ると鼻から頬、眉間まで血管拡張が見られます。徐々に吹き出物のような紅色丘疹や膿疱が出てくる場合があります。
 30~40歳以降の女性に多い病気ですが、よく話を聞くと、10代の時から顔が赤くなりやすかった、ほてりやすかったというエピソードをお持ちの方が多く見られます。
 化粧品かぶれやニキビを疑われ、いろいろ検査が行われますが、結局なかなか治らないので、いろいろなクリニックを転々とされる方が多いようです。「いろいろ化粧品を変えてみたが、どれも合わない」とおっしゃる方が多いです。
 一見、かぶれやニキビと似ていますが、全く別の原因不明の疾患で、治療法も全く異なります。
 もし、どの化粧品を使ってもかぶれる、やたらとほてりやすい、長い間、赤ら顔が治らなくてあきらめかけているという症状の方がいらっしゃいましたら、一度来院していただくといいかもしれません。

理事長ブログ | 酒さ | comments(0) | trackbaks(0)

レーザー治療の実際

 今日は多くの方のレーザー治療を担当させていただきましたが、日に日にレーザー治療を選択される方が増えているように思われます。
 特に、日光性黒子(シミの一つ)、脂漏性角化症、ほくろ、稗粒腫の治療にレーザー治療を選択していただくことが多いのですが、手術や外用療法に比べ、時間がかからず(ほとんどの場合、数分で治療が終わります)、副作用が非常に少ないことが利点と思われます。
 日光性黒子以外は保険がききますので、経済的なご負担が増えることはありません。

シミについて詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

理事長ブログ | しみ | comments(0) | trackbaks(0)

傷の治し方

 今日は少し傷の手当の仕方について述べたいと思います。
 傷の手当の仕方については一冊の本ができるほどの内容なのですが、役に立つことをごく簡単にまとめますと
 1.傷を清潔に保つ。
 2.湿潤環境を保つ。
 3.基本的には消毒はしない。
 ということになろうかと思います。
 以下に少し解説を述べさせていただきます。
1.傷は石鹸で洗い、清潔に保ったほうが治りがいいのです。(ただし洗いすぎは、傷を治す栄養分まで流してしまうのでよくないとされています。)少し膿んでいるような傷は1日2回程度、普通の傷は1日1回程度、浅く非常にきれいな傷は2、3日に1回洗浄する程度が目安と考えております。迷った場合は多めに洗ってもらってもいいと思います。
2.傷は乾かして治したほうがいいと思われている方もいらっしゃいますが、湿潤環境のほうが早く治ることがわかっています。こまめに軟膏をつける、浅く非常にきれいな場合は閉鎖療法を行うなどの方法があります。
3.消毒は普通の傷には必要ありません。消毒薬には細胞毒があり、傷を治そうとしている組織をいじめ、傷の治りを悪くしてしまうことがあるからです。明らかに感染を起こしているときは、消毒することがありますが、すぐに消毒薬を洗い流すようにしています。

理事長ブログ | 診療 | comments(4) | trackbaks(0)
採用情報
採用情報
医師 看護師
病気から選ぶ
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック