HOME > 病気から選ぶ > 薄毛、脱毛症のお悩み > フィナステリドとデュタステリドの比較
pagetop

フィナステリド(プロペシア)とデュタステリド(ザガーロ)の比較

この記事では、本邦で男性型脱毛症の承認が下りている男性型脱毛症の治療に使用される5α-還元酵素(5α-R)の阻害薬であるフィナステリド(プロペシアなど)およびデュタステリド(ザガーロなど)について比較します。

最も重要な違いとして、デュタステリドがⅠ型5α-還元酵素とⅡ型5α-還元酵素、両方を阻害している一方で、フィナステリドは、Ⅰ型5α-還元酵素のみを阻害しているということです。それは当然ですが、効果、副作用、用量および用法にも影響します。

男性型脱毛症に対する24週間の二重盲検試験の結果によれば、デュタステリドはフィナステリドより全般的にやや優れた効果を示しましたが、反面、性機能の低下といった副作用の頻度が高いです。

血清DHT値を比べると、フィナステリドでは73%、デュタステリドでは92%の減少を認めます。すなわちデュタステリドの方がAGAに効果がある可能性が示唆されます。

フィナステリドの血清半減期は6〜8時間と短い一方で、デュタステリドの血清半減期は3〜5週間と長いことが知られています。

デュタステリドではほぼ完全にDHTの合成を阻害しますので、性的機能に影響を与える可能性があります。フィナステリドはDHT合成を完全には阻害してないので、性的機能に影響を与える可能性はほとんどありません。

5α-RIを長期投与されている99名における研究では、フィナステリド、デュタステリドのいずれも、骨濃度、骨代謝または血清リポタンパク質には明白な影響を与えないことが証明されています。従って、5α-還元酵素の慢性阻害は、骨粗鬆症の発症、もしくは男性の血清リポタンパク質の変化を経由して、心血管疾患のリスクに影響を与えることはほとんどないと考えられています。

21〜45歳の416名の男性は、24週間にわたって毎日デュタステリド0.05mg/0.1mg/0.5mg/2.5mg、フィナステリド5mg、またはプラセボと無作為の研究で比較されました。その結果、薄毛の男性に対して2.5 mgのデュタステリドは、フィナステリドよりもより迅速に飛躍的に発毛を改善させました。この研究の結果は、AGAの治療において(デュタステリドの特徴である)Ⅰ型およびⅡ型5α-還元酵素を両方阻害したほうがいいことが判明しました。

フィナステリドとデュタストリドの組み合わせ

長年にわたり、フィナステリドで処置されたAGAの患者さまでは、治療の有益な効果が衰退することがあります。
継続的なフィナステリドの治療に、断続的な低用量デュタステリドを追加することで、この患者群で発毛を増加させる可能性が高いです。
St Vincent’s Hospital Melbourneでの47歳男性の症例から、フィナステリドと低用量デュタステリドの併用療法では、フィナステリド単独治療よりAGAを治療する上でより効果的であることが示されました。

採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック