HOME > 病気から選ぶ > 血管腫(特に静脈湖)
pagetop

血管腫(特に静脈湖)

院長花房 血管腫、特に頻度の高い唇の青赤色の小腫瘍を静脈湖と呼ぶ事があります。
当院では静脈湖に対してメスを使わない、切らない治療を実践しています。静脈湖は口唇にできる青赤色の小腫瘍で、外傷、加齢などがきっかけで出現する事があります。これまでは手術的にメスで切って縫い合わせるしかなかった治療ですが、当院ではレーザーを応用した方法で、簡単にかつほとんど傷が残らないほどきれいに治療する事が可能となりました。血管腫をきれいに治したい方は気軽にご相談ください。
静脈湖について確認しましょう
静脈湖は薄い静脈で構成されています。濃い青色からスミレ色で直径の2〜10ミリメートルの大きさです。ある状況では、除去が必要となりますので、治療法などについて詳しく確認しましょう。
静脈湖について詳しく見る

血管腫の種類(静脈湖以外)

クモ状血管腫

クモ状血管腫は小さな赤い丘疹を中心に放射状に広がる血管拡張で、妊娠や肝障害のあるときに発症しやすいです。顔面や上肢に発症することが多く、自然消退することもあります。YAGレーザーにて治療を行います。

老人性血管腫

20代よりやや光沢のある赤い数ミリ〜1cmほどの小さな丘疹が軀幹や腕などに発症します。炭酸ガスレーザーやYAGレーザーにて容易に治療を行うことが出来ます。

海綿状血管腫

海綿状血管腫は静脈の異常によって発症する皮膚の深いところに出来やすい柔らかい腫瘤で、色は青色調です。放置した場合、徐々に増大することがあります。
手術的に摘出します。

当院の血管腫治療へのこだわり

血管腫の治療は必要以上に侵襲的な治療(手術跡がなどの、影響が残ること)が行われていることが多いのですが、当院ではなるべくレーザーや低侵襲手術の技術を駆使して、より傷が残りにくい治療を心がけています

血管腫の当院の治療法

手術療法

このような方に最適です

・皮膚の深部や脂肪組織内に血管腫のある方。
・確実に血管腫を取り除きたい方。

メスを使って皮膚切開を行い、血管腫を摘出し丁寧に縫合します。
どうしても傷跡が出来てしまいますが、確実に切除でき、病理検査も行えるというメリットがあります。

詳しくはこちら

炭酸ガス(CO2)レーザー

このような方に最適です

・皮膚表面の小さな血管腫を切除したい方
・傷をなるべく残したくない方
・口唇の静脈湖を治療したい方

詳しくはこちら

YAGレーザー

このような方に最適です

・クモ状血管腫を取りたい方
・皮膚表面の血管腫で、傷跡をなるべく残したくない方
・ダウンタイムをなるべく避けたい方

ヘモグロビンに強く反応するYAGレーザーを強力に照射することで、血管腫の構成成分である異常血管を破壊します。

治療の流れ

①診察

まずは診察を行い、診断、治療内容のご説明をさせていただきます。

②同意書作成

スタッフが同意書の内容をご説明させていただきます。

③治療

治療を行います(約5分)

④次回ご予約

一週間後のご予約をとっていただき治療終了となります。

⑤チェック

約一ヶ月後、傷のチェックを行い、美しく治った事を確認します。

症例写真

血管腫写真300010001 血管腫写真400020002

◆料金:アレックスレーザー1cmあたり 15,000円~(自費の場合)
主な副作用・・・痂皮化、炎症後色素沈着、赤み、シミが取りきれないこと
◆料金:炭酸ガスレーザー1箇所(~3mm)10,000円 (3.1mm~5mm)15,000円 (5.1mm~)20,000円(自費の場合)
主な副作用・・・内出血、傷跡の赤み、色素沈着、傷跡、ケロイド、再発
※症状、肌質により効果に差があります。

上唇、下唇の静脈湖の患者様です。炭酸ガスレーザーによる治療を行いました。2週間後にはほとんど傷は分からなくなっております。

症例写真2

血管腫写真300010001 血管腫写真400020002

◆料金:アレックスレーザー1cmあたり 15,000円~(自費の場合)
主な副作用・・・痂皮化、炎症後色素沈着、赤み、シミが取りきれないこと
◆料金:炭酸ガスレーザー1箇所(~3mm)10,000円 (3.1mm~5mm)15,000円 (5.1mm~)20,000円(自費の場合)
主な副作用・・・内出血、傷跡の赤み、色素沈着、傷跡、ケロイド、再発
※症状、肌質により効果に差があります。

参考資料(2018.12.20朝日新聞)

よくある質問

Q:手術は痛くないですか?

A:麻酔をしてから治療をするので手術中の痛みはありません。

Q:手術後、食事は出来ますか?

A:問題ありません。

Q:手術後、何か貼っておかないといけないですか?

A:小さな絆創膏のようなものをできれば一週間ほど貼っておいていただきたいと思います。

Q:どれくらいで治りますか?

A:1〜2週間で治ります。

Q:傷跡は残りますか?

A:ほとんど分からない程度になる事が多いのですが、多少残る方もおられます。

採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック