HOME > 初めての方へ
pagetop

初診の方へ

当院では、皮膚腫瘍および加齢変化による外見上の悩みを克服する為、
『皮膚腫瘍手術』や『美容皮膚科』に力を入れております。

皮膚腫瘍(できもの)でお困りの方へ

■できものが気になるので、治療したい。
■信頼できる病院でできものを取りたい。
■できものができたけど、痕が残るのがいやで手術をしていない。
■ずっと気になっているけど、取るほどでもないと放っている。

できものができてから、
「生活に支障が出るほどでも無いけど、なんとなく気になっている」

という方は多いのではないでしょうか。

皮膚のできものは、痛みなどが強く出ないものもあり、日常生活に大きな支障が出ないことも多いのが実情です。
そのため、患者様の多くが「まぁいいか」と放っておいてしまう傾向にあります。

皮膚腫瘍は 皆さんがお考えになっているよりも「簡単に」そして「きれいに」取れる場合が多くあります。
大きさなどにもよりますが、粉瘤・ほくろなどで一般的な大きさであれば15分程度の手術で、きれいに取除くことができるのです。(適切なアフターフォローや経過観察は必要です。)

治療が難しい部位(顏や耳などの露出部位)を含めて豊富な経験を持っております。
傷痕をできるだけ残さない、という治療方針に従い手術を行っております。

当院の治療方針

1.手術跡をできるだけ残さない治療法をご提案します

皮膚腫瘍の治療の場合、どうしても手術などの外科的な治療で腫瘍を取除く
必要があります。皮膚にできものができて、
来院される患者様が一番気にされるのが、
「傷痕が残らないか」ということです。

当院では、皮膚腫瘍の治療に際して、
できる限り傷痕を残さない(低侵襲)方法で治療を行っております。
医学の進歩とともに、あらゆる疾患に対する手術においてもなるべく傷が小さく
なるように、なるべく患者様のご負担が少ないように
という流れ(低侵襲化)になってきており、
当院でも強く意識して治療を行っております

2.痛みを極力抑える治療を目指しています

施術の際には、しっかりと麻酔を患部に行い、
治療の際に痛みを感じないよう細心の注意を払っております。
また、術後の痛みも、低侵襲の治療法を選択することで、必要最小限に
抑え、患者様の日常生活に支障が無いように努力をしております。

3.唇やまぶたなどの、手術が難しい部位の治療も行っています

当院では、唇やまぶたなどの手術の難しい部位の皮膚腫瘍も
自信を持って治療
を行っています。

院長が研修医時代、外科医として多くの手術を経験しており、
その際に培った技術・経験を活かし、一般的に皮膚科では難しいと言われる
顏などの部位の手術にも積極的に治療を行っております。

院長の経歴はこちら

粉瘤やほくろなどの皮膚腫瘍でお困りの方はお気軽にご相談ください。

守秘義務と個人情報について

当クリニックが皆様の個人情報を収集する場合、診療・看護および皆様の医療に関わる範囲で行います。その他の目的に個人情報を利用する場合は利用目的を予めお知らせし、ご了承を得た上で実施いたします。
また当クリニックは、皆様の個人情報について、正確かつ最新の状態を保ち、皆様の個人情報の漏洩、紛失、破壊、改ざんまたは皆様の個人情報への不正なアクセスを防止することに努めます。

採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック