HOME > 病気から選ぶ > 眼瞼下垂症
pagetop

眼瞼下垂症とは

眼瞼下垂症は上眼瞼が通常より下がった状態のことを指します。加齢とともに発症頻度が増し、高齢化とともに患者数も増えていくことが予想されます。

瞳孔から、上眼瞼縁までの距離が3.5mm以下であれば眼瞼下垂と診断可能です。

正面を向いて、額の筋肉を使わずに眼瞼下垂症があるが、まぶたが瞳孔にかかっていない場合は軽症と判断します。
同条件で、上まぶたが瞳孔にかかる状態が中等度、上まぶたが瞳孔を覆っている状態を重度と診断します。

症状の始まりは、夕方になると目が重く感じるようなる、肩が凝りやすくなる、緊張型頭痛が起こりやすくなるなどの症状がみられます。また、額の前頭筋という筋肉を使って目を上げようとするために、額に横シワが入りやすくなります。

中等度以上になると、眠そうに見えたり、視野が障害され、上外側が見にくく、視野が狭くなったように感じるようになります。

分類

眼瞼下垂症は
①先天性眼瞼下垂症
②後天性眼瞼下垂症
③その他の疾患による眼瞼下垂症
に大きく分けることができます。

①先天性眼瞼下垂症

先天性眼瞼下垂症は、生まれつきの眼瞼下垂症で、幼少期に顕在化します。弱視も見られることがあります。
基本的には総合病院にて眼科医、形成外科医、美容外科医などがチームで治療を行います。

②後天性眼瞼下垂症

一般的には中年以降に発症する眼瞼下垂症です。
原因は様々ですが、加齢、ハードコンタクトレンズの長年の使用、目を擦る癖、外傷などが原因となることがあります。
病態も様々です。

③その他の疾患による眼瞼下垂症

重症筋無力症、筋ジストロフィ、外傷、眼瞼神経麻痺などにより眼瞼下垂症を発症することがあります。

代表的な例とその治療法

●眼瞼挙筋腱膜が伸びたり、外れたりして十分に機能しなくくなったもの(腱膜性眼瞼下垂)
【治療法】
眼瞼挙筋腱膜が古くなったゴムのように伸びしまって、十分収縮できなくなっていることが原因です。その場合は、眼瞼挙筋腱膜を縫い縮めたり、前転させて瞼板に固定することで治療をすることができます。眼瞼挙筋膜が瞼板から外れてしまっているだけのものであれば、そこを縫合するだけで事足ります。

●ミュラー筋の機能不全による眼瞼下垂症(ハードコンタクトレンズが原因の場合に多いとされています)
【治療法】
ミュラー筋をタッキング(重ね縫いすることで短縮すること)することで治療を行います。

●皮膚弛緩による眼瞼下垂症様の症状(高齢者に多いとされています)
【治療法】
余分な皮膚を切り取り、縫い合わせることで治療が可能です。

●その他の疾患による眼瞼下垂症
【治療法】
まずは原因となっている病気の治療を優先します。眼瞼下垂の症状が固定されてると手術を検討する場合もあります。

治療法

当院では軽度〜中等度の後天性眼瞼下垂症の治療を行なっています。

眼瞼下垂症の手術方法は代表的なものだけでも10種類以上あり、各ドクターの独自の手技も合わせると数十種類は手術方法があるでしょう。
症状、病態、医師の判断により治療は異なりますので、事前に医師と手術方法について相談すると良いでしょう。
あくまで目安ですが、

【軽症の場合】埋没法、全切開重瞼術、眉下切開術といった簡単な治療にて改善させうることが可能です。

【軽度ー中等度】信州大式眼瞼下垂手術や挙筋腱膜前転術を行います。

信州大式眼瞼下垂手術

【重度】筋膜移植吊り上げ術などが行われることが多いです。

男性のための自然な眼瞼形成手術も行っております

当院では男性の眼瞼下垂手術や眼瞼形成手術(二重術)も行なっております。

男性の眼瞼下垂

他院の眼瞼下垂手術、二重瞼形成手術で満足できなかった方へ

当院では他院で眼瞼下垂手術や眼瞼形成術(二重術)手術をされ改善を感じられない方の修正手術も行なっております。

他院修正

ゼオスキンヘルス