HOME > 病気から選ぶ > 眼瞼下垂
pagetop

眼瞼下垂

眉毛下切開術(眉下切除術、眉毛下切除術)とは

眉毛下切開術は眉の下の皮膚を切除することで、上眼瞼(上まぶた)のたるみをとり、眼瞼改善を目的とする治療法です。
ダウンタイムや副作用が少ないこと、自然にたるみ、眼瞼下垂が改善されることから、徐々に普及が進んでいる手術方法です。二重そのものには手を加えませんので自然な仕上がりになるのが特徴です。

眉毛下切開術の特徴・メリット

眉毛下切開術は眉の下側から上眼瞼の一部を切り取ることで上眼瞼のたるみを改善させることを目的とした治療法です。
また表眼瞼の眼窩脂肪を取ることで上眼瞼のむくみ改善させることができます。
傷口が眉に隠れることから目立ちにくく、また従来の眼瞼下垂の手術と比べ、目の形に違和感がないので、ダウンタイムが少なく、自然に上眼瞼のたるみや眼瞼下垂を治療したい人にオススメの治療です。

このような方にオススメ

  • ・上まぶたが垂れ下がってきて困っている方
  • ・上まぶたが腫れぼったくて困っている方
  • ・眼瞼下垂で困っている方
  • ・なるべくタウンタイムを少なく眼瞼下垂を治療したい方
  • ・目の形をなるべく変えたくない方

眉毛下切開術が向かない方

  • ・目がほとんど開かないほど眼瞼下垂が重度な方(その場合は眼瞼挙筋前転法をオススメさせていただきます)
  • ・ケロイド体質の方
  • ・妊娠中の方

眉毛下切開術のよくある失敗

傷口が眉に隠れていない

非常に初歩的なミスで、きちんと術前にデザインすると防げます。

十分に隔膜が縫縮されていないので、眼瞼下垂に対する効果がほとんどない

眼瞼下垂に対する効果を発揮したならば皮膚を切って縫い合わせるだけでなく、眼窩隔膜を切除縫合する必要があります。

左右非対称

左右全く同じに手術を行なったとしてもわずかに左右差が生じる場合があります。手術中に目の開き方を確認しながら慎重に手術をすすめることで左右差を最小限にすることができます。

眉毛下切開術の副作用

手術に伴う内出血、腫れ

7~10日程度で治ります。

縫合不全、創部感染症

無理のない手術を行うこと、術後に予防的に抗生剤を飲むことで予防が可能です。

傷跡、ケロイド

なるべく傷跡が目立たないように手術を行いますが、わずかに傷が残ることが多いです。ケロイド体質の方は傷が盛り上がり、目立ちやすくなるので、事前の問診が重要となります。
通常の経過でも3ヶ月ほど傷の赤みが残ります。

左右非対称

上述した通りわずかに左右差が生じる場合があります。なるべく慎重に手術をすすめることでリスクを最小限にすることができます。

上眼瞼の引き連れ

この中で最も注意が必要な副作用です。皮膚や隔膜の縫縮、切除が過剰もしくは力が均一でなければ引き連れが起こり得ます。軽症であれば自然に治りますが重度であれば再手術を行わないと改善は難しいです。

眉毛下切開術の流れ

  • ・まず医師が診察し眉毛下切開術の適応かどうか、保険適応かどうかを判断をいたします。
  • ・手術前の採血を行い、手術日を決定します。手術予約をいただいていた場合は、当日手術も可能です。
  • ・局所麻酔を行います。
  • ・手術を行います(片側30分、両側で60分)
  • ・手術後は抗生物質や痛み止めの薬を処方します。
  • ・1週間後抜糸を行います。
  • ・1ヶ月後、傷のチェックをし治療終了となります。

当院の眉毛下切除術の特徴

形成外科専門医が担当します

当院では形成外科専門医、もしくはそれに準ずる経歴の医師が手術を担当いたします。

裏打ちされた技術

膨大な手術実績に裏打ちされた技術により安心安全な手術を行います。

他院に先駆けた治療法

通常、皮膚を切って縫合するだけの手術を行なっているところが多いと思うのですが、それでは上まぶたのたるみは改善されるでしょうが、それだけでは眼瞼下垂の治療にはなりません眼瞼下垂の治療を行いたい場合は、眼瞼隔膜の切除、縫合(もしくは縫い寄せるタッキング)が必要になります。これらの手技はまだ十分普及しているとはいえず、当院では他院に先駆けてこれらの治療の普及を心がけてまいります。

眉毛下切開術の料金

美容目的の方

片側160,000円(税別)、両側300,000円(税別)

眼瞼下垂の治療目的の場合

片側6,070点(1割負担の方なら6,070円、3割負担の方なら18,210円)
両側12,140点(1割負担の方なら12,140円、3割負担の方なら36,420円)

よくあるQ&A

眉毛下切開術のダウンタイムを教えてください。

手術後1週間くらいは眉の下に縫い糸が残りますので、やや目立つでしょう。
術後1週間で抜糸を行いますのでその後はお化粧で隠していただいて結構です。しばらくは傷の赤みが目立ちますが、数ヶ月で徐々に目立たなくなっていきます。

採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック