HOME > 肝斑
pagetop

肝斑
治療法
治療のながれ
しかし、現在は、レーザートーニングという新しい方法が考案され、高い効果が得られています.レーザートーニングというのは低出力のレーザー光線を患部にシャワーのように照射する治療法の事です.

患部の色素を破壊し、皮膚に炎症を起こさないようにすれば理論的には肝斑を薄くする事が可能です。

しかし、現実的にはレーザーが弱すぎて効果がなかったり、レーザーが強すぎて肝斑が悪化したり、最悪の場合は正常色素まで破壊してしまい、白抜けしてしまう事すらあります。

ですので、レーザートーニングはきちんとした皮膚科医、形成外科医が常駐し症例豊富な施設で実施する事が望ましいです。

当法人グループではレーザートーニングの黎明期よりその可能性を高く評価し、実績を積んで参りました。

当院では1例の白抜け(白斑)例もなく安全に治療を受けていただけます。

肝斑でお悩みの方はお気軽にご相談くださいませ。

採用情報
採用情報
医師 看護師
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック