HOME > ブログ > しみ > シミ・くすみ治療のまとめ
pagetop

シミ・くすみ治療のまとめ

 シミ・くすみに対する治療がたくさんあり、どの治療を選択したらいいかわからない、とのご意見をいただきましたので、簡単にそれについてまとめた冊子を作ったところ、ありがたいことに数人の患者様からお褒めの言葉をいただきましたので、宣伝のようで恥ずかしいのですが、ホームページにもアップしたいと思います。
 ただ、シミの種類によっては、「何もしない」というのが一番の治療法であることもありますので、「絶対にこの治療をしたい」と決めずに、まずは診察を受けてからお決めいただければと思います。また、皮膚を擦らない、日に焼かないというのは、どのシミの治療の場合も、前提条件になります。
★ハイドロキノン(10g、2000円~2500円)
 おそらくシミの治療に世界で最も使われている外用薬です。2ヶ月でかなり薄くなります。夜寝る前に気になる部分になるだけですが、肌がデリケートな方だと少しかぶれることがあります。かぶれなければ、どんなタイプのシミにもつけることができます。
★トレチノイン(10g、4000円~5000円)
 皮膚の若返りを促す外用薬で、欧米では一般的使われる、小じわ治療、シミ予防の薬です。使い始めはヒリヒリ、カサカサといった刺激がありますが、皮膚が驚いているだけで2週間で慣れてきます。肌の質感が良くなりますので、当院でもリピーターになられる方が多い薬です。ハイドロキノンと組み合わせることもできます。
★ルミキシル(1本14000円)
 最新の美白クリームで、顔全体のブライトニングに適しています。肌に合わないことはほとんどありません。1本で1ヶ月~1ヶ月半程度使えます。早い方だと2週間で効果が実感できるようになります。
★ケミカルピーリング(4000円、20分程度)
 顔のくすみとともに、小じわ、にきびの治療にも効果があります。翌日、顔の肌を触った感じが変わると評判です。
★イオン導入(3000円、20分程度)
 ビタミンCを皮膚の深部まで浸透させることで強力な美白効果、抗酸化作用を発揮します。ほとんど副作用もないため、美容初心者の方にもお勧めです。
★Qスイッチアレキサンドライトレーザー(12000円~48000円、20分程度、麻酔のクリームを使った場合は40 分程度、通院期間1週間後、約1ヶ月後診察)
 日光性黒子、雀卵斑、後天性真皮メラノサイトーシスといったしっかりしたシミを「取りきる」ためのレーザーと言えます。一旦シミがカサブタになってとれるまでに7日~10日かかります。治療後約1ヶ月は紫外線や摩擦を極力避けていただきます。強力なエネルギーを皮膚に入れるため、治療後、炎症後色素沈着と呼ばれるレーザーに伴うシミが出現することがありますが、半年以内に消褪しますのでご安心ください。治療は一回で終了しますが、炎症後色素沈着が起こっていないかチェックするために1週間後、1ヶ月月後の通院をお願いしています。
★アレキサンドライトレーザーフェイシャル(1回17000円、20分程度)
 比較的淡いしみ、くすみ・毛穴・うぶ毛の治療に最適です。顔全体にレーザー治療を行うことできます。痛みはほとんどありません。施行後すぐに化粧もできますし、日常生活に戻っていただけます。1ヵ月に1度、4~6回程度繰り返します。

シミについて詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

理事長ブログ | しみ | comments(0) | trackbaks(0)
病気から選ぶ
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック