HOME > ブログ > 粉瘤 > 炎症性粉瘤治療の実際②
pagetop

炎症性粉瘤治療の実際②

頬の炎症性粉瘤の患者様です。4cmほど大きく腫れてしまっています.お顔の症例では特に傷を小さくする必要があります.これまでのように大きく切開するという方法は現在では受け入れられ無いという方も多いのではないでしょうか?
IMG_2432

正確に粉瘤の臍を見つけ、麻酔を行います.
IMG_2438

麻酔が終わればパンチで小さな穴をあけそこから膿を抜き取ります.
IMG_2440

膿を抜き取った後はいよいよ粉瘤の袋を抜き取ります.
IMG_2443

取り残しが無いように慎重に治療を進め、袋を完全に抜き取ります.
IMG_2450

傷の内部を生理食塩水にて洗浄します.
IMG_2458

一週間後、見違えるように炎症(当然痛みも)が引き、傷も小さなものですみました。時間が経てばニキビの跡ほどの傷で収まると思います.
IMG_2648

理事長ブログ | 粉瘤 | comments(0) | trackbaks(0)
採用情報
採用情報
医師 看護師
病気から選ぶ
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック