HOME > ブログ > 診療 > 虫刺されにご注意ください。
pagetop

虫刺されにご注意ください。

 虫刺されによる患者様が急増しております。
 虫刺されといってもたくさん種類があり、代表的なものだけでも
蚊、ブヨ、アブ、ノミ、ダニ、ハチ、アリ、毛虫などがあります。
 ブヨ等に刺されると、1年近く痒い場合があり、掻いているうちに難治性皮膚疾患である結節性痒疹という固まりなってしまう場合がありますので、早期にステロイド外用を開始したほうがいいと思われます。
 ノミはペットに寄生していることがあります。ペットを飼っていて、下腿などにいつの間にか虫刺されがたくさんできてきたという場合は、ノミを疑ってもいいかもしれません。
 ダニはアレルギーの原因としても非常に有名ですが、人を刺す種類のものもあります。ツメダニは人を刺すダニの一つですが、「皮膚科学体系」によると、東京都のご家庭では4.9%でツメダニがいたと報告されております。畳やござ、絨毯の上で寝て、それらと接触していた部位に虫刺された生じた場合はツメダニによる虫刺されを考えてもいいかもしれません。
 マダニによる虫刺されはそれほど多くないのですが、皮膚にかみついたら何日も離れないことが多く、患者様は発見すると驚いてご来院されます。手術的に切除するしかない場合が多くあります。ライム病の予防のために抗生物質の予防投与を行わなければなりません。
 人に寄生し、人の中で増えていくヒゼンダニというダニもあります。ヒゼンダニによる感染症は、疥癬とよばれご高齢者を中心に非常に増えています。家族中に広がってしまうことがあります。
 ドクガやチャドクガ等の幼虫(毛虫)による虫刺されも非常に増えています。これらの毛虫による虫刺されは、直接毛虫と接触しなくても、毛虫が吐いた糸や脱皮殻などに接触しても起こるという点に注意が必要です。
 まだまだ書きたいことはあるのですが、虫刺されといっても種類がたくさんあり、それぞれ対処法が異なるので、気になる方は一度皮膚科できちんとも見てもらったほうがいいかもしれません。

理事長ブログ | 診療 かゆみ | comments(0) | trackbaks(0)
病気から選ぶ
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック