HOME > ブログ > クリニック情報 > 新型コロナウイルスにかかると禿げてしまう?②
pagetop

新型コロナウイルスにかかると禿げてしまう?②

新型コロナウイルスに感染すると、回復した後に髪の毛が抜けて落ちてしまう、ということが広く知られています。

以前こちらでも報告させていただいたのですが、新たに分かったことについてについて何点か報告させていただきたいと思います。

前回のブログでは新型コロナに関する休止期脱毛症は重症感染症の後に起こりうるもので、それほど珍しい現象ではない、と書かせていただいたのですが、色々調べてみると、新型コロナによる休止期脱毛症はやはりこれまでとは少し違うな、という印象を持つようになりました。

原因に関して、一つはサイトカインストームが関係しているようでサイトカインストームにより、毛包にダメージが生じ、成長期毛が急に休止期に至ってしまうと考えられています。そのため、新型コロナに感染してから1−3ヶ月後に抜け毛が増えてくる場合が多いです。また、新型コロナ感染者では、凝固系異常が生じやすく、ヘパリンなどの薬剤が使われることが多いのですが、それらの薬剤で休止期脱毛症を生じやすいこともわかっています。

休止期脱毛症を引き起こす頻度に関しては、10人に1人と推定されております。これはかなり高い確率と言わざるをえず、インフルエンザなどの感染症と比べるともの驚くほど高い確率です。欧米などでは、休止期脱毛症の患者さんを診察した場合は、「過去に新型コロナウイルスに感染しなかったか?」とルーティンで聞いているようで、新規の休止期脱毛症の患者さんはほとんどがコロナ関係という地域もあるようです。

新型コロナにおいても男性よりも女性が休止期脱毛症になりやすいのですが、その理由については今のところわかっていません。元々、休止期脱毛症は女性に多いのです(単に女性の方が抜け毛に敏感だから、という説もあります)。

薄毛の経過についても今の所、はっきりとはわかっておりません。
通常、感染症に伴う休止期脱毛症は半年くらいかけて自然に回復してくることが多く、それに関しては新型コロナウイルス感染症に関しても同様だろう、と推定されますが、今のところ信頼できるデータはありません。

また何か分かり次第報告させていただきたいと思います。

理事長ブログ | クリニック情報 薄毛 | comments(0) | trackbaks(0)
採用情報
採用情報
医師 看護師
病気から選ぶ
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック