HOME > ブログ > 巻き爪 > 巻爪(ガター法とは)
pagetop

巻爪(ガター法とは)

ガター法というのは陥入爪(爪と皮膚がぶつかって皮膚に傷が出来、長期間痛む病気で足の親指に多い)の手術方法の一つです。
深爪をしてしまって爪の周りが痛くなってしまったときに良く選択される手術法です.

当院のガター法は一工夫させいていただいております。通常、ガター法というのはチューブを爪に差し込み、接着剤などで固定するだけなので、週に1回程度チューブを入れ直す必要があります.当院では、挿入したチューブを糸で固定するため長期間チューブが入ったままになります.そのため何度も入れ直す必要はなく、大体1回で治療が終了してしまうという点です.

爪が適切な長さになり、爪周囲の炎症が十分落ち着いた時点で外してしまいます。
特に副作用もないですので、陥入爪の患者様にはよく施術させていただいております.

理事長ブログ | 巻き爪 | comments(0) | trackbaks(0)
採用情報
採用情報
医師 看護師
病気から選ぶ
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック