HOME > ブログ > 粉瘤 > それはほぞ抜き法!
pagetop

それはほぞ抜き法!

前回は今までの粉瘤治療の問題点について書かせていただきました。

今回は新しい粉瘤治療についての書きたいと思います。

傷跡のリスクを軽減させる画期的な手術方法・・・

 

それは、臍(ほぞ)抜き法です。

またはくり抜き法と呼ばれる手術法です。小さな穴から粉瘤を抜き取るやり方です。

 

 

 

 

まず局所麻酔後、パンチという円形のメスを使い小さい丸い穴を空けます。

パンチの大きさで傷の円の大きさを変え、できるだけ傷跡の残りにくい大きさを選びます。

 

この方法では手術後の傷が格段に小さくなります。

が、執刀医の技術的にやや熟練・経験が必要とされ、さらに肝心の粉瘤の取り残しや再発の可能性が高くなると考えられており、あまり積極的に採用されてこなかった歴史がありました。
時代は移り変わり、患者様から目立たない手術跡の需要が高まり現在ではこちらの方法が標準的になりつつあります。
当院では粉瘤治療年間1883件のうち、大部分を臍抜き法にて治療を行っております。

再発などのリスクは通常の方法より格別に劣る、というものではありません。

傷跡のリスクに懸念がある方は是非ご相談ください。

 

※ただし、ご来院時の患部の状態によってはほぞ抜き法ではなく、切開や切除縫合の方が適応の場合がございますので予めご了承ください。術式については診察時のお伝えいたしますが、手術中に変更となる場合もございます。

 

理事長ブログ | 粉瘤 | comments(0) | trackbaks(0)
採用情報
採用情報
医師 看護師
病気から選ぶ
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック