HOME > ブログ > ヒアルロン酸 > ヒアルロン酸で骨萎縮対策を!
pagetop

ヒアルロン酸で骨萎縮対策を!

現在、しわのしわざでヒアルロン酸の治療を行っていますが、ヒアルロン酸で骨格もある程度なら矯正することが可能です。

顔の骨も年齢とともに萎縮してきますので、それを補う意味で、硬めのヒアルロン酸で注入するというのは理にかなった治療です。

例えば、額の外側〜こめかみがくぼんでいると感じることはないでしょうか?これは骨が萎縮した結果、起こっているのです。下の写真は分かりやすいかと思います.

実際にはこのような形で現れます.
この辺りのくぼみにかんしては、ご本人でも気がついていない場合があり、こちらから指摘する必要があります。

額というのは本来、なめらかな卵型のカーブを描き、上品に光を反射するというのが理想的な額の形です。

ですので、額の外側〜こめかみにかけてヒアルロン酸を注入し、形を整えてあげる必要があります.ご本人でもあまり気がついていないポイントに注入する意味があるのか?と感じられた方もおられるかもしれません。しかしこのポイントには大きな意味があるのです。

額外側〜こめかみにヒアルロン酸を注入すると額がキレイに見えるだけでなく、重要な副次的な効果があり、
・顔のボリュームが上に来る事でフェイスラインが引き締まる。
・顔全体のたるみが改善する。
・眉が上に引っ張られる事で目が大きくなる、開きやすくなる。
という効果が期待できます。

そのため、同部位の注入はヒアルロン酸注射の中でも最も重要な注入の一つです。

理事長ブログ | ヒアルロン酸 たるみ | comments(0) | trackbaks(0)
採用情報
採用情報
医師 看護師
病気から選ぶ
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック