HOME > ブログ > 未分類 > ピコレーザーによる刺青除去
pagetop

ピコレーザーによる刺青除去

刺青除去に最新のピコレーザーと従来のQスイッチレーザーを3回照射した場合の比較写真です。左がピコレーザーで右がQスイッチレーザーです。はるかにピコレーザーの方がよく取れているのがお分かりいただけるかと思います。


Qスイッチレーザーは、50ナノ秒程度の間にレーザーを照射するのに対し、ピコレーザーはそれよりも1000分の1程度の間にレーザーを照射します。(注:ナノ秒というのは1000000000分の1秒)

もともと、極めて短いレーザー照射時間をさらに1000分の1にして何かいいことがあるのか?と疑問に思う方もおられると思いますが、実は大きな意味あがあります。従来のQスイッチレーザーの場合は、レーザーのエネルギーが対象となる色素に反応して、熱に変換され、その熱が色素を破壊する、というのが基本的な考え方です。しかし刺青の色素は熱に強いのか、熱緩和時間(熱が逃げる時間)が短すぎるのか、Qスイッチレーザーだけではなかなか綺麗に取れませんでした。

Qスイッチレーザーの場合、熱だけで色素を破壊するのに対し、最新のピコレーザーの場合は、対象と反応した際に、熱だけでなく衝撃波に変換され、その圧で色素を破壊します。従来のQスイッチレーザーが色素をバラバラに壊す、というイメージに対して、ピコレーザーは色素を粉々に粉砕する、というイメージです。

刺青でお悩みの方は新座はなふさ皮膚科048-483-8723までご相談くだいませ。

 

理事長ブログ | 未分類 刺青 | comments(0) | trackbaks(0)
採用情報
採用情報
医師 看護師
病気から選ぶ
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック