HOME > ブログ > 未分類 > ニキビ跡のサブシジョンとレーザー治療の併用療法
pagetop

ニキビ跡のサブシジョンとレーザー治療の併用療法

ニキビ跡で最も問題となるのが、クレーターによるニキビ跡です。

ニキビ跡のクレーターは

・ローリング型

・ボックスカー型

・アイスピック型

に分類されます。

治療法も多数あり、代表的なものだけでも

・ディープピーリング

・フラクショナルレーザー

・そのほか種々のレーザー

・切除縫合

・トレチノイン

・マイクロニードル(ダーマペン、ダーマローラ)

・FRM(イントラセル、ポテンザ)

・サブシジョン

・皮膚移植

などがあります。

これらは一人の患者さまに複数の多数混ざっていることが多いので、一つの治療だけでは限界があることが以前から言われていました。

当院では開院以来、ニキビ、ニキビ跡の治療を接触的に行い、膨大な症例を行なってきましたが、この度、サブシジョンとレーザー治療を組み合わせたコンビネーション治療が奏功することが明らかになりましたので報告させていただきます。
当院で治療を行なった10例のうち7例に著効(75%ー100%の改善)、3例に良い効果(50%ー75%)が見られました。

ニキビ跡治療のビフォアアフターの写真です。

写真は一切加工しておりません。

2週間で劇的に良くなっているのがお分りいただけるかと思います。

これまでの方法でここまで劇的にニキビ跡が改善しる方法は私の知る限りありません。

このサブシジョンとレーザー治療の併用療法はニキビ跡治療のゲームチェンジャー(大きな変革をもたらすもの)となるでしょう。

方法:サブシジョンとレーザー治療の併用療法

費用1平方cmあたり:35000円

副作用:内出血、腫れ、かさぶた化、瘢痕形成、色素沈着(数ヶ月)、赤み(数ヶ月)

理事長ブログ | 未分類 クリニック情報 皮膚腫瘍 | comments(0) | trackbaks(0)
採用情報
採用情報
医師 看護師
病気から選ぶ
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック