HOME > ブログ > 未分類 > ピーリング開始記念!!10月おススメ【大宮院】
pagetop

ピーリング開始記念!!10月おススメ【大宮院】

はなふさ皮膚科大宮院では10月より新しく美容メニューが加わることとなりました!
・コラーゲンピール
・サリチル酸ケミカルピーリング

コラーゲンピールとはイタリアで10年以上の臨床研究ののち開発された「PRX-T33」に含まれるトリクロロ酢酸を真皮深くに浸透させ繊維芽細胞が活性化することでコラーゲン生成を促し、肌にハリや弾力をもたらす施術です。
当院のコラーゲンピールは通常のトリクロロ酢酸ピーリングとは異なり皮膚表面の剥離作用を最大限抑えることが出来るため
ダウンタイムが特になく予定のある方でも気軽に施術していただくことが可能です。

ハリ・弾力、小じわ、シミ、くすみ
肝斑、血行不良、ニキビ痕改善にも効果がございます。

サリチル酸マクロゴールケミカルピーリングとは肌への刺激が少なく月1度のピーリングです。肌表面の古い角質をゆっくりと取り除く事で肌細胞に刺激を与え新陳代謝をうながす作用がございます。ニキビ治療や小じわ、くすみ治療でも用いられる施術です。

この度新メニュー開始にともない、10月中にコースをご契約いただきますと料金から10%OFFにてご案内いたします。
予約はこちらより受け付けております。

理事長ブログ | 未分類 クリニック情報 | comments(0) | trackbaks(0)

ピコダブルレギュラーメニュー化いたしました。【新座院】

夏のキャンペーンにてお試し導入したところ非常に多くの患者様に興味をもっていただきこの度のメニュー化が決定いたしました。
ピコトーニングとピコフラクショナルレーザーを組み合わせた「ピコダブル」がメニュー化いたしました!

ピコトーニングとは低出力のレーザーを照射することでメラニンの生成を抑えシミや肌のくすみを改善させる施術です。
ピコフラクショナルとは特殊なレンズを装着し天井に高いパワーで照射することで肌の真皮層に働きかけ
コラーゲンやエラスチンの生成を促しハリや毛穴の引き締め・小じわにアプローチする施術です。

はなふさメソッドでは上記の施術を組み合わせ、根本からお肌の改善を行います。

シミ・くすみ・肝斑・毛穴・ニキビ跡等さまざまなお悩みを抱える方必見の施術です。お悩みまとめて改善したいという方はぜひ一度
はなふさ皮膚科新座院が自信をもってご案内する「ピコダブル」お試しください。

理事長ブログ | 未分類 クリニック情報 皮膚腫瘍 | comments(0) | trackbaks(0)

令和2年8月の手術実績件数は3141件でした。

はなふさ皮膚科の保険手術適応実績をお知らせいたします。
8月の手術実績は3141件でした。

三鷹 新座 国分寺 久我山 志木 大宮 朝霞台
粉瘤 170 88 137 67 86 97 29
ホクロ 196 49 116 287 117 44 47
イボ 212 178 117 138 141 16 29
眼瞼下垂症 4 5 1 2 2 5 5
陥入爪 34 6 7 10 17 1 5
皮膚腫瘍 8 2 29 7 1 1 3
石灰化上皮膚 2 3 1 0 3 8 0
神経線維腫 0 1 1 1 0 0
脂腺増殖症 2 0 2 1 0 1 0
化膿性汗腺炎 9 1 2 0 5 2 0
軟性線維腫 9 6 8 2 16 1 8
汗管腫 0 0 3 0 2 1 1
肥厚性瘢痕 27 13 14 2 10 24 1
肉芽腫 9 1 1 0 3 0 1
脂肪種 15 5 7 5 4 4 5
皮膚線維腫 13 5 7 8 7 10 7
血管腫 9 3 6 0 2 6 2
毛巣洞 3 1 1 0 0 0 0
多発性脂腺嚢腫 0 0 0 0 0 0 0
黄色腫 3 0 1 0 3 1 2
基底細胞癌 6 0 3 1 1 0 1
コンジローマ 4 1 1 1 0 1 0
膿皮症 4 2 1 0 1 0 0
脂漏性角化症 27 12 25 2 18 4 30
ケロイド 44 10 27 10 18 4 9
エクリン汗孔腫 0 0 0 0 0 1 0
腋臭症 0 0 0 0 0 0 1
理事長ブログ | 未分類 クリニック情報 皮膚腫瘍 | comments(0) | trackbaks(0)

令和2年6月の保険手術適応実績数は3168件でした。

はなふさ皮膚科の保険手術適応実績をお知らせいたします。
6月の手術実績は3168件でした。

三鷹 新座 国分寺 久我山 志木 大宮
粉瘤 206 119 133 70 110 121
ホクロ 255 59 96 216 104 49
イボ 231 213 129 140 157 6
眼瞼下垂症 2 6 1 0 3 0
陥入爪 20 8 8 13 11
皮膚腫瘍 8 1 22 3 3 1
石灰化上皮膚 6 4 3 1 0 5
神経線維腫 2 1 0 0 0 1
脂腺増殖症 1 0 2 2 1 0
化膿性汗腺炎 14 1 5 0 0 0
軟性線維腫 12 7 5 4 9 1
汗管腫 1 1 4 0 1 0
肥厚性瘢痕 25 29 12 2 10 24
肉芽腫 2 2 2 1 4 0
脂肪種 12 11 8 5 4 1
皮膚線維腫 12 7 6 3 10 8
血管腫 6 5 6 1 1 5
毛巣洞 1 2 3 1 1 0
多発性脂腺嚢腫 3 0 0 0 0 0
黄色腫 0 0 1 0 1 0
基底細胞癌 5 0 2 2 0 0
コンジローマ 9 0 1 2 1 0
膿皮症 8 2 0 0 0 1
脂漏性角化症 33 36 32 6 32 4
ケロイド 63 8 25 14 20 6
エクリン汗孔腫 0 1 0 0 0 0
理事長ブログ | 未分類 クリニック情報 皮膚腫瘍 | comments(0) | trackbaks(0)

化膿性汗腺炎の治療(手術を中心に)

化膿性汗腺炎の治療(手術を中心に)

化膿性汗腺炎は先進国を中心に増えてきている疾患です。
化膿性汗腺炎の重症度も様々でその治療法は多岐に渡ります。
代表的なものだけでも
・抗生物質の外用
・抗生物質の内服
・ビタミンA誘導体の外用
・ビタミンA誘導体の内服
・ステロイドの局所注射
・生物学的製剤(特にヒュミラ)
・生活習慣の改善(体重の減少、禁煙、締め付ける下着、服をやめる、肌に刺激の少ない衣類にする等)
・レーザー脱毛
・手術療法
などがあります。

ごく軽度な化膿性汗腺炎を除き、その治療に決定的な影響を与えるのは
・生物学的製剤(特にヒュミラ)
・手術療法
です。
そのほかのものはあくまで対処療法に過ぎないとも言えます。

さて今回は手術療法を中心とした記事とします。
手術に関しては日本では拡大切除、縫合もしくは皮弁形成が主ですが、実は重症例を除き、外来で手術を行うことが可能です。

化膿性汗腺炎に関しては、本法では軽症〜中程度までは抗生剤などで対処療法が行われ、重症になってから入院し拡大切除が行われることが多いと思います。その結果、手遅れになり癌が発生しなくなることも稀ですがあります。

せめて中等度のうちに外来で根治手術が行われていれば、重症にならずに済んだ方も多いかもしれません。

日本ではなぜか中等度の化膿性汗腺炎に対する根治的手術療法がすっぽり抜け落ちてしまってるのが現状です。日本の外来で好まれる単純切除縫合では、手間がかかる上に十分に広く切除しないと再発率が高いことが原因かもしれません。

外来での化膿性汗腺炎の標準的な手術療法は単純切除縫合ではありません。
炎症がある場合はI&D(日本でいう切開排膿とはやや意味が異なります)。

炎症がない慢性化膿性汗腺炎に対しては
やはりI&D、unroofing(=deroofing)とmarsupializationです。
欧米でのI&Dとは、単に切開して膿を出す、というのではなく、瘻孔や周囲の壊死組織、繊維化組織、嚢胞も掻爬する手技のことを言います。
Unroofingとは瘻孔に沿って全て切開していく手技ですが、中等度まで化膿性汗腺炎であれば80%程度、完治させることが可能です。

Marsupializationはあまり皮膚科領域では聞き慣れない手技かと思いますが、病変を大きく切除し、そのままオープンにしておく手技です。傷が上皮化されるまでにかなりの時間がかかりますので、本邦ではあまり行われておらず、筆者もあまり好きでありません。傷が上皮化される際に瘢痕拘縮が残ることもあるからです。かなり重症な病変であれば、入院の上、拡大切除、植皮術、もしくは皮弁形成術の適応となりますが、もしなんらかの理由で、入院できないという人がいれば、marsupializationを検討してもいいかと思います。手技は非常に簡単で再発率も低いのですが、なんせ治るまで時間がかかります。傷が治るまで数ヶ月くらい時間がかかることもあります。

重症の化膿性汗腺炎に関しては入院の上、拡大切除(病変より1−2cm広く切除)し、再建が必要になります。再建は植皮術、皮弁形成術などが行われます。
こちらはギリギリで切除した場合は再発しやすくなります。

▪️まとめ
化膿性汗腺炎は重症例を除き、外来手術でも十分、完治可能です。その際、本邦でよく行われてる単なる切開排膿や切除縫合術は再発率が高く、欧米でいうI&D、unroofing(=deroofing)、marsupializationを組み合わせた手術方法を行うべきです。

理事長ブログ | 未分類 皮膚腫瘍 | comments(0) | trackbaks(0)
採用情報
採用情報
医師 看護師
病気から選ぶ
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック